内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ジャパンディスプレイ始動

少し前から話にあった、ソニー、東芝、日立の液晶パネル製造をしている子会社を統合する話が正式に決定しました。<ニュースリリース(PDF注意)>

会社名は「株式会社ジャパンディスプレイ」になる予定です。

近年、液晶パネル製造業は、パネルの低価格化により利益が下がり続け、ほとんどのメーカーは赤字になっています。
そこで、「統合すればいいじゃない」ということで、3社が統合することになりました。

この統合は産業革新機構が行う事業です。株式保有比率は、産業革新機構が70%、ソニー、東芝、日立が各10%です。
統合される会社は、

の3社です。

会社名 ソニーモバイルディスプレイ 東芝モバイルディスプレイ 日立ディスプレイズ
設立 1997年10月22日 2002年4月1日 2002年10月1日
所在地 愛知県知多郡東浦町 埼玉県深谷市 東京都千代田区
売上高 1,412億円(2011年3月期) 2,096億円(2011年3月期) 1,508億円(2011年3月期)
資本金 231億円(2011年3月末現在) 100億円(2011年3月末現在) 352億円(2011年3月末現在)
大株主及び持株比率 ソニー100%(2011年3月末現在) 東芝グループ100%(2011年3月末現在) 日立75%(2011年3月末現在)
代表者 有賀 修二 深串 方彦 井本 義之
従業員数 約2,200人(2011年6月末現在) 約2,200人(2011年3月末現在) 約2,600人(2011年3月末現在)
事業内容 ・中小型液晶ディスプレイデバイスの開発、設計、製造及び販売
・有機EL ディスプレイデバイスの開発、設計、製造及び販売
低温ポリシリコンTFT液晶、アモルファスシリコンTFT液晶の開発、製造及び販売 中小型TFT液晶パネル及び関連製品の開発、設計、製造、販売等
製造拠点 ・東浦事業所(本社)愛知県知多郡東浦町
・鳥取事業所 鳥取県鳥取市
・埼玉県深谷市(本社)
・石川県能美郡川北町
千葉県茂原市

ソニーは液晶パネル製造部門のみ(中国の子会社も含む)この新会社に組み込み、有機EL製造と高温ポリシコンLCDはソニーの別子会社に移管する予定。

個人的に1つ気になるのが、日立ディスプレイズの株式についてです。 表を見てもらえば分かると思いますが、日立ディスプレイズだけ75%で、他の2社は100%となっています。
じゃあ残りの25%は?
たしか、キヤノンが保有しているはずです。

確証がないので調べてみると、キヤノンが保有していた24.9%の株式全てを日立製作所(日立ディスプレイの親会社)が買い取っていました。 <ニュースリリース(PDF注意)>
日立製作所がこの新会社を設立するため、キヤノンに株式を買い取りたいと申し入れたとのこと。

これら3社が統合されることにより、設立されるのが「ジャパンディスプレイ」です。

会社名(予定) ジャパンディスプレイ
事業開始(予定) 2012年春
本社所在(予定) 東京都
資本金(予定) 2,300億円(資本準備金を含む)
代表取締役(決定?) 大塚 周一
株主 産業革新機構:70%、ソニー:10%、東芝:10%、日立:10%
事業内容 中小型ディスプレイデバイス及び関連製品の開発、設計、製造及び販売

で、気になるのが代表取締役の大塚周一氏。まだ予定ですが(おそらく決定でしょう)。<ニュースリリース(PDF注意)>
大塚氏は、新会社設立までは「産業革新機構のシニアアドバイザーとして株式会社ジャパンディスプレイの設立準備等に携わる予定」だそうです

大塚氏の経歴ですが…
1980年:日本テキサス・インスツルメンツ株式会社に入社
1998年:ソニー株式会社に入社
2002年:エルピーダメモリ株式会社に入社
2004年:同社COOに就任
2011年:同社取締役を退任
えーと、うん。。何も言うまい…

この新会社ですが、統合前の3社が持っている製造ラインを活用するのはもちろんですが、パナソニックから茂原工場を譲渡されることが基本合意されています。<ニュースリリース(PDF注意)>
茂原工場はパナソニックの子会社である「パナソニック液晶ディスプレイ」が保有している工場です。
元をたどれば、日立製作所の子会社である日立ディスプレイズの子会社のIPSアルファテクノロジの工場です(ややこしいw)。

パナソニック的にはおいしい話だと思います。
パナは日本で茂原工場以外にも姫路に工場を持っています(姫路工場も元はIPSアルファテクノロジです)。
生産性では、後に出来た姫路工場の方が上のため、非効率である茂原工場はパナソニック的には邪魔でしょう(姫路工場は「第8世代(2100mm×2400mm)」で、茂原工場は「第6世代(1500mm×1850mm)」で製造している)。
これを裏づける話もあり、パナは茂原工場での生産を停止する予定です(ソース)。そのため、色々と意見が出ていますが(ソース)。

この新会社は中小型液晶パネルや有機ELの生産を行います。携帯、スマートフォン、ダブレット向けが主になるでしょう。
個人的にはPC向けなど作ってくれたらなーという気持ちがありますが、まあ無いでしょう。パナが医療向けとかを作るらしいですが、こっちもPC向けなどは無いでしょう。

正直、今回の統合というか、今回の統合も、うまくいくとは思えないですが…
まあ、期待しておきましょう(棒

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。