ジャパンディスプレイ - 石川県に第6世代のLTPS液晶パネル工場を建設へ - 液晶パネル(LCD)

ジャパンディスプレイ - 石川県に第6世代のLTPS液晶パネル工場を建設へ

ジャパンディスプレイが、石川県に第6世代(1,500mm×1,850mm)のLTPS液晶パネル生産工場を建設します。

工場の建設地は、石川県白山市です。

用地は、麒麟麦酒(キリンビール)が保有し、2010年に閉鎖されたキリンビール北陸工場の跡地になります。住所は石川県白山市竹松町2480です。

導入される生産ラインは、1,500mm×1,850mmの第6世代のガラス基板を用いた低温ポリシリコン(LTPS)液晶パネル生産ラインです。基板投入能力は月25,000枚です。最大投入枚数は不明ですが、75,000枚とされています。稼動開始予定年は2016年です。

投資額は1,700億円です。投資額のほとんどはアップルが負担するようで、2016年モデルに使用される液晶パネルが生産されるとされています。しかし、アップル専用の生産ラインにはならず、他メーカー製品の生産も可能になるようです。

ソース:ジャパンディスプレイ(PDF)

関連記事

Tag:液晶パネル ジャパンディスプレイ 工場