内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ジャパンディスプレイ - 5.5型WQHD(1,440x2,560)の液晶パネルの量産を開始

ジャパンディスプレイが5.5型WQHD(1,440×2,560)の液晶パネルの量産を開始します。

リリース文引用

モバイル向け次世代高解像度5.5型WQHD液晶モジュールの出荷開始

-世界最高水準精細度538ppi -

株式会社ジャパンディスプレイ(社長:大塚周一/以下、当社)は、最先端スマートフォンのディスプレイフォーマットであるワイドQuad HDフォーマット(1440(横) x 2560(縦)画素/以下、WQHD)の開発を行ってまいりました※1。このたびWQHD製品の量産体制が整い、4月より5.5型WQHD TFT液晶モジュールの出荷を開始いたします。

スマートフォンのカメラデバイスや画像処理技術は日進月歩で進化しており、5型を超えるディスプレイで高画質できれいなコンテンツ画像を楽しむことができるようになっています。本製品は量産製品として世界最高水準の精細度538ppiを有しており、フルHDフォーマット(1080(横) x 1920(縦)画素/以下、Full-HD)と比較して更にリアリティのある写真画像や映像をスマートフォンディスプレイで表現することが可能となります※2。2014年は本製品を皮切りに、複数のWQHD製品の量産がリリースされる予定であり、スマートフォンの世界で新たな最先端領域が形成されていくものと期待されます。

本製品は、当社の低温ポリシリコン技術を磨き上げることにより画素の開口率を高め、高透過率と低消費電力を実現しているだけでなく、従来のFull-HD TFT液晶モジュール製品と変わらない薄さとサイズとなっております。

当社は、高性能化が加速するモバイル分野において、LTPS技術、及びそれに対応した生産能力でお客様のご要望に応えてまいります。

※1 2013年10月24日 当社ニュースリリース モバイル向け次世代高解像度5.4型WQHD液晶パネルを開発
※2 5.5型Full-HDの精細度は401ppi

【本製品の概略仕様】

画面サイズ 対角 13.87cm (5.46型)
画素数 1440(横)x RGB x 2560(縦) (WQHD)
精細度 538 ppi
製品外形寸法 70.94 mm (W) x 128.26 mm(H) x 1.35mm (D)
ガラス額縁寸法 上 1.0 mm, 左右 1.0mm, 下 5.4 mm
色再現域(NTSC比) 70 %
コントラスト比 1000:1
視野角 上下左右 160度以上 (CR>100:1)
ディスプレイ表面輝度 450 cd/m2

サイズは5.5型(5.46型)で、画素数はFull-HD(1,080×1,920)を超えるWQHD(1,440×2,560)です。精細度は538ppiになります。

色域はNTSC比で70%と最近では普通になりつつあるsRGB比100%近くになります。

コントラスト比が1,000:1で、視野角が上下/左右で160度以上であり、また値は一般的なコントラスト比10:1以上ではなく、100:1以上時の値ですので、おそらく液晶方式はIPS方式(FFS方式)でしょう。
輝度は450cd/m2とこちらも一般的です。

少し前にジャパンディスプレイは5.4型でほとんど同じ仕様の液晶パネルの試作を発表しています。
今回量産に入るこの製品は、5.5型と、試作からサイズが0.1型アップしています。この発表の前にLG Displayが5.5型を発表していたので、世界最小サイズを目指すためにサイズをダウンさせたのかもしれませんね。

当ブログ記事 - ジャパンディスプレイ - 5.4型、6.4型の2,560x1,440の液晶パネル開発

同じくWQHDの液晶パネルは、LG DisplayとAUOが準備をしています。
LG Displayはジャパンディスプレイと同じく5.5型サイズです。AUOは少し大きい6型サイズです。

LG Displayは開発したと発表しただけなので量産を明言していませんが、おそらく近い内に量産に入ると思われます。
AUOは量産を入っていることを明言しているので、そのうち製品に組み込まれて世に出てくるでしょう。

当ブログ記事 - LG Display - 5.5型、2560x1440(538ppi)の液晶パネルを開発

当ブログ記事 - AUO - 6型、WQHD(2560x1440)の液晶パネルを量産

このサイズでWQHDというのが信じられないですが、この仕様で量産品ですからすごいことです。
Full-HDの時にも同じ事を書いている気もしますが、技術の進歩がすごいです。

WQHDなんてPC用のモニターの極一部の製品だけだったのですけどね。
今でもFull-HDが一般的でWQHDは少数派、サイズも27型からなのですが、スマートフォンでは5型程度のサイズで使われて、ハイエンドでは主流になる訳ですから、すごい時代になったもんです。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。