内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

EIZO - FG2421

EIZOが販売する、23.5型、画素数1,920×1,080、120Hz入力対応、VAパネルのゲーミング液晶モニター「FG2421」について。

EIZO - FG2421

液晶パネル

23.5型、VAパネルが搭載されています。
コントラスト比は5,000:1、応答速度は5ms(黒→白)、輝度400cd/m2、視野角上下/左右176度です。

リフレッシュレート120Hz駆動に対応し、フレームレートは240Hz駆動に対応します。

少し前にEIZOが発表した“DuraVision FDF2405W”と同じ液晶パネルだと思われます。

シャープ製の液晶パネルだと思われます。

Turbo 240

Turbo 240の機能により、入力フレームレートは120Hz、画面フレームレートは240Hzに対応します。

240Hz駆動は“Turbo 240”により、実現されます。
入力フレームを補間するのではなく、バックライトを消灯させることで黒画像を挿入(擬似インパルス駆動)して、残像感を低減させます。

“Turbo 240”は、“DuraVision FDF2405W”で採用された“ブラーリダクション機能”と似た機能(ほとんど同じ)です。“ブラーリダクション機能”について詳しくは別館記事において触れているので、そちらを参照して下さい。

“Turbo 240”と“ブラーリダクション機能”は、名称は異なりますが、基本的には処理方法は同じです。

120Hz入力信号を240Hzの表示信号に変換しています。120Hzの入力信号を2回繰り返して、表示しています。
1/240フレームと2/240フレームでは1/120フレームを繰り返して表示して、3/240と4/240では2/120フレームを繰り返して表示しています。

この際、実フレーム目(変換後の1/240フレームと3/240フレーム…のこと)ではバックライトの消灯を行い、変換フレーム(2/240、4/240フレーム…のこと)で表示を行なっています。

通常の擬似インパルス駆動は、頭抜きではなく後ろに黒画像を挿入します。これはアクティブマトリクス液晶パネル(AMOLEDでも)の表示方法の“ホールド型表示”で発生する“ホールドボケ”を低減するために用いられます。(詳しくはこちら

“Turbo 240”では、先説明の“ホールドボケ”低減と、頭抜き表示を行なうことで液晶が応答する表示を隠すこと、頭抜きの表示を行なっているため、オーバードライブ駆動を過度に行うことができるなどのメリットがあります。

頭抜きで表示しているため、1/240フレーム目で過度なオーバードライブ駆動を行なっても表示自体はされていないため、画質劣化を気にせず液晶の応答を完了させ、2/240フレーム目では表示フレーム入力を行なうだけで表示できるため、液晶の応答遅れによる動画ぼやけを低減させることができます。

ただ、バックライトを高速で明滅させるため、画面輝度が下がります。
また、フリッカ(画面のちらつき)が知覚され易くなります。フリッカについては“Turbo 240”をOFFにすることでフリッカレスになります。

表示遅延時間

頭抜きで表示しているため、1/240フレーム目は暗の表示です。ですので、1/240フレームが絶対に遅延します。約4ms(0.004秒)です。
EIZOのHPでは、『240Hz駆動時も1.5フレーム未満(0.012秒未満)の低遅延』と記載されています。このフレームが240Hz時の1フレームなのか、120Hz時の1フレームなのかで、遅延時間が大きく変わってきますが、秒数で0.012秒未満としていますから、120Hz時の1フレームです。

120Hz駆動時の1フレーム時間は約8msで、ここに頭抜きフレーム時間(1/240フレーム分)約4msが加えられ、約12msの表示遅延になっていると思われます。

遅延時間的には優秀かと言われるとそこまで秀でたものではありません。また、この遅延時間も内部処理の量が不明のため、設定を増やせば増える可能性もあります(これが最大遅延時間なら別ですが)。参考ですが、同じくゲーミングモニターであるBenQ XL2420Tでは13msの遅延時間です。

遅延時間は知覚できるのは、通常60Hz時の1フレーム遅延が発生した時とされています。時間では約16msです。


価格は64,800円と高いといったら高いですが、手の届かない価格ではありません。
ただ、販売はEIZOの直販サイト(EIZOダイレクト)と直営店(EIZOガレリア銀座)のみです。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。