内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ジャパンディスプレイ - 12.1型、3840x2160の液晶パネルを開発

ジャパンディスプレイが12.1型、3,840×2,160の液晶パネルを開発しました。

リリース文引用

12.1型4K2K液晶モジュールの開発
- タブレット用世界最高クラス精細度

株式会社ジャパンディスプレイ(社長:大塚周一/以下、当社)は、タブレット用としては、世界最高クラスの精細度365ppiの12.1型4K2K(3840(横)x2160(縦) 画素) TFT液晶モジュールを開発しました。

本製品により、4K TVをモバイル環境で実現できるようになります。フルハイビジョン(1080(横)x1920(縦) 画素)スマートフォンと同等の精細度のまま約4倍の画面の大きさで、繊細で奥行き感がある映像をダイナミックに楽しむことが可能になります。また、低温ポリシリコン技術により、大容量・高精細表示だけでなく、低消費電力、薄型、狭額縁の液晶モジュールを実現し、ハイエンドノートPC・高性能タブレット等のモバイル用途に適しています。

本製品は本年10月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「FPD International 2013」に出展いたします。

【本製品の概略仕様】

画面サイズ 対角 30.1cm (12.1型)
画素数 3840(横) x RGB  x 2160(縦)  (4K2K)
精細度 365ppi
外形寸法 273.67mm(W) x 164.60mm(H)x1.96mm(D)
額縁寸法 上 2.0mm / 左右 2.0mm / 下 6.8mm
色再現域(NTSC比) 70%
コントラスト (CR) 比 1000 : 1 (Typ.)
視野角 上下/左右 160度以上 (CR>100:1にて)
画面輝度 500cd/m2(Typ.)
消費電力(白500cd/m2時) 3600mW(内 パネル消費電力 360mW)
液晶駆動用ドライバLSI数 2

*当社調べ


ジャパンディスプレイは、12.1型、3,840×2,160(QFHD)のタブレット用液晶パネルを開発しました。

12.1型ですが、ノートPC用ではなく、タブレット用です。
ノートPCにも使用することはできるようですが、タブレットをメインにしているようです。

ジャパンディスプレイが自主的に開発したのか、どこかのメーカーからの注文による開発なのか、気になりますね。
ただ、仕様的に前者の可能性は低そうな気もします。自主的に開発するのであれば、技術を誇示するためにもっと上の仕様で製作しそうな気がするためです。後者の場合、そのうちどこかのメーカーで採用される可能性が高いですね。

肝心の液晶パネルの仕様ですが、12.1型、3,840×2,160、精細度365ppi。
LTPSによる生産で、額縁は狭額縁化(上、左右2.0mm、下6.8mm)されています。

コントラスト比1,000:1、視野角は上下/左右160度以上(CR100:1以上)、輝度は500cd/m2です。IPS方式のようですが、表示方式の記載がないのが気になります。

ハイエンド向けとなっていますが、色域がNTSC比で70%というのが気になります。
sRGBで100%のカバーが行なわれているが気になるところ。

別館において少し触れましたが、昨日、日本経済新聞が「最小の4K液晶パネルである」とこの件を報じているのですが、ジャパンディスプレイがこのように言っているのか心配になりましたが、日経が勝手に書いているだけだったようです(もしくは勘違い)。

ジャパンディスプレイは、“タブレット用”では世界最高“クラス”の“精細度”としていますね。これを勘違い(曲解?)して、“世界最小の4K”という表現を使ったようです。

別館で触れたように、世界最小の4K(QFHD)は、日本のディスプレイメーカーであるオルタステクノロジーが製作しました(当ブログ記事)。
サイズは9.6型のため、ジャパンディスプレイのと比べるとかなり小さいサイズです。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。