内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ジャパンディスプレイ - 5型、Full-HD、Pixel Eyesの液晶パネル量産出荷を開始

ジャパンディスプレイが5型、Full-HD(1,080×1,920)、Pixel Eyes技術採用の液晶パネルの量産出荷を開始しました。

ジャパンディスプレイが5型、Full-HD(1,080×1,920)、Pixel Eyes技術採用の液晶パネルの量産出荷を開始しました。

リリース文引用

2013年10月08日

タッチセンサー機能内蔵液晶Pixel Eyesモジュール ラインアップ拡充

― Full-HD Pixel Eyes 量産開始 ―

株式会社ジャパンディスプレイ(社長:大塚周一/以下、当社)は、世界に先駆けて"Pixel Eyes"の5.0型フルハイビジョンフォーマット(1080(横)x1920(縦) 画素/以下、Full-HD) TFT液晶モジュールの量産出荷を開始しました。"Pixel Eyes"は、タッチパネルの機能をディスプレイそのものに取り込んだ当社独自技術搭載製品です。

"Pixel Eyes"では、当社が独自に開発したタッチ駆動方式※1により、高いタッチ感度を実現することで、快適な使い心地を得られると共に、スタイラスペンでの入力など多様なユーザーインターフェース実現の可能性が期待できます。また、外付け部品としてのタッチパネルが不要になるため、セットの薄型化※2に寄与するだけでなく、透過率の向上※3により明るさ、光学的な反射の低減により見易さを確保し、スマートフォンの性能向上に役立ちます。400ppiを超える5"Full-HDの高精細パネルにタッチパネルの機能を取り込んだのは、世界初となります※4

当社は、2013年6月稼働を開始した第6世代の新ラインを始め、各ラインで"Pixel Eyes"の生産体制を整えています。製品も既に量産中のVGA+ (720 (横) x480 (縦) 画素)、FWVGA (854 (横) x480 (縦) 画素)、qHD(540 (横) x960 (縦) 画素)、HD720(720 (横) x1280 (縦) 画素) にFull-HDを加えて、"Pixel Eyes"のラインアップ拡充を図っています。

本製品は本年10月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「FPD International 2013」に出展いたします。

【本製品の概略仕様】

画面サイズ 対角 12.6cm (5.0型)
画面サイズ 対角 12.6cm (5.0型)
画素数 1080(横) x RGB x 1920(縦) (Full-HD)
精細度 445ppi
液晶モード 透過型 IPS
視野角 上下/左右 160度以上 (CR>100 : 1にて)
外形寸法 63.6mm(W) x 115.8mm(H)
画面輝度 450 cd/m2 (Typ.)
色再現域(NTSC比) 71%
コントラスト (CR) 比 1000 : 1 (Typ)

※1LCDドライバとタッチパネルドライバの間で同期をとることで、信号ノイズの影響を受けずにタッチ検出をする駆動方式で、 様々な環境下で高いS/N比(信号とノイズの比)を実現。

※2外付けタッチパネル搭載当社従来品比30%、タッチセンサー付カバーガラス搭載当社従来品比10%の薄型化。

※3モジュール透過率が、当社従来製品に比べ10%向上。

※4当社調査による


少し前に開発が完了したとリリースされた液晶パネルが量産および出荷が開始されました。

タッチセンサーを液晶パネルに内蔵する技術である“Pixel Eyes”技術が採用された、5型、Full-HD(1,080×1,920)、IPS方式の液晶パネルです。

液晶パネルについては、開発が完了した時に紹介しているので、こちらをご覧下さい。

第6世代の茂原工場の稼動前に開発が完了し、茂原工場で生産されるとしていましたので、稼動開始直ぐが、少し後に量産には入っていると思っていたのですが、どうも違ったようです。

量産出荷を開始したということは、どこかの製品に使用されるということですので、楽しみですね。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。