内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

iiyama - ProLite X2377HS

iiyamaが販売する、23型、画素数1,920×1,080、IPSパネルの液晶モニター「ProLite X2377HS」です。

iiyama - ProLite X2377HS

液晶パネル

サイズは23型、画素数は1,920×1,080です。アスペクト比は16:9です。
液晶表示方式は、IPS方式を採用し、バックライトはLEDです。対応色空間はsRGBです。パネルメーカーは非公開ですが、十中八九LG DisplayでAH-IPSでしょう。

コントラスト比は1,000:1と一般的で、コントラスト比拡張時は5,000,000:1を実現します。
最高輝度は250cd/m2。
応答速度はオーバードライブ時は5ms(GtG)です。通常時は不明ですが、おそらく、10ms程度だと思われます。
画素ピッチは0.265mmで、精細度は約96ppiです。

入出力端子

ミニD-Sub15ピン、DVI-D(HDCP対応)、HDMI(HDCP対応)を備えています。

音声端子は、ステレオミニ入力端子(ステレオミニ)のみを備えています。

その他機能

超解像技術である「X-Res Tech.」が搭載されています。

スタンド機能/消費電力/本体部

チルトパネル部分を上方向、下方向に向ける機能(-5度/15度)に対応します。

消費電力は最大時40W、標準時24W、待機時0.5Wです。

VESAマウント(アームマウント)に対応し、ピッチは100mm×100mmです。
電源は内蔵し、スピーカーは1.5W×2です。

外形寸法はパネル部のみが幅546×高331.5×奥64.5mm、パネル部+スタンドで幅546×高394.5×奥164mm。重量はパネル部分のみが3.9kg、パネル部+スタンドで4.1kgです。

主な付属品/保証

主な付属品は、電源ケーブル(1.8m)、ミニD-Sub15ピンケーブル(1.8m)、DVI-Dケーブル(1.8m)、HDMIケーブル(1.8m)、ステレオミニオーディオケーブル(1.8m)。

保証は購入日から3年間ですが、液晶パネルとバックライトは1年間です。


iiyamaのProLite X2377HS(型番はX2377HS-GB1)です。

ProLite X2377HDS-Bの後継機だと思われます。
違いとして、液晶パネルの変更(おそらく狭額縁のAH-IPS)、iiyamaの超解像技術である「X-Res Tech.」の搭載でしょうか。

この機種で気を付けたいところは、X2377HDS-Bでも書いた気がしますが、ヘッドフォン端と音声出力端子が存在しないところです。
HDMIケーブルでこのProLite X2377HSに接続する際に、映像と音声ともに入力してしまうと、このモニターのスピーカーで音声を聞くことになります。
なので、外部の別スピーカーに出力する、ヘッドフォンで音声を聞くという場合は、HDMI接続機器から直接音声を出力する必要があります。
スピーカーでも問題ないという人には関係のない話しですが、ヘッドフォンで聞く、良い音で聞きたい(このモニターは1.5W×2)場合は、注意が必要です。

発売は8月2日。
価格はオープンですが、参考価格は23,800円(税込)です。

iiyama ProLite X2377HS-GB1
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。