内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

オルタステクノロジー - オルタステクノロジー高知と統合

オルタステクノロジーが100%子会社であるオルタステクノロジー高知と統合を行ないました。

プレスリリース引用

平成25年7月1日

(株)オルタステクノロジーおよび(株)オルタステクノロジー高知の会社統合について

株式会社オルタステクノロジーと株式会社オルタステクノロジー高知は平成25年7月1日付で会社を統合し、株式会社オルタステクノロジーとして、新たなスタートを切ることになりました。

両社の持つ経営資源とコア技術の総力を結集し、製販一貫した連携体制をさらに強固にすることにより、変革の時代に即応できる企業体質の強化を目指し、トップスピードで事業展開を図ってまいります。

本業のTFT液晶ディスプレイ事業を核として、これまで培ってきた技術開発力、商品企画・製品設計力をさらに進化させ、新ビジネスや事業の複線化にも果敢に取り組むとともに、トッパングループの中でより一層、マーケットやお客様のニーズに対し、きめ細かく応えることができるグローバル企業として生まれ変わる所存です。

社員一同、“新生”オルタステクノロジーのもとで、さらなる飛躍を図り、皆様のふれあい豊かな暮らしや社会に貢献できる企業を目指していく決意を新たにしております。

倍旧のご支援・ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

【統合後の会社の概要】

  • 商号:株式会社オルタステクノロジー(英文名 ORTUS TECHNOLOGY CO., LTD.)
  • 資本金:29億円
  • 代表取締役社長:植木哲朗
  • 統合日:2013年7月1日
  • 従業員数:約400名

※オルタス(ORTUS)とは、ラテン語で上昇、源、始まりを意味し、独自の技術によって未来に羽ばたくイメージを意図しています。

統合

この統合は、開発と製造会社が分かれていたのを一元化するために行なわれたものと思われます。最近多いですね。
オルタステクノロジーが設立された当時からの計画ということもありそうですけど、オルタステクノロジーが設立されてから結構時間が経過しているので、当初の計画では無さそうな気もします。

オルタステクノロジー高知にはマレーシアと中国に生産工場があります。今回の統合でどうなかったかは分かりません。

オルタステクノロジー

カシオ計算機と凸版印刷との合同で設立された会社です。
液晶パネルの製造という訳ではなく、設計、開発などの会社です。製造は、今回統合したオルタステクノロジー高知が請け負っていました。

オルタステクノロジーは、カシオと凸版の液晶、有機ELの開発を共同で行なう会社となりました。
設立時の株式保有率はカシオが100%保有していましたが、その日の内に80%が凸版に譲渡されました。

また、後述するカシオ100%子会社の高知カシオの全株式がオルタステクノロジーに譲渡され、社名がオルタステクノロジー高知になっています。

オルタステクノロジー高知

オルタステクノロジー高知は、元々はカシオの子会社の高知カシオという会社でした。グーグルの航空写真でオルタステクノロジー高知を見ると屋根に“CASIO”の文字があります。

現在は液晶パネルを製造する専業会社ですが、設立当社は専業会社ではありませんでした(詳細割愛)。
後にTFT液晶パネルの需要が上がりだしたときに製造することになり、高知カシオの工場敷地内に工場とラインが建設されました。
この第1製造ラインは、初の液晶パネル、モジュール一貫生産ラインです。現在も稼働中(と思われます)。

後にカシオと凸版が合同でオルタステクノロジーを設立した際に、オルタステクノロジーの子会社化され、オルタステクノロジー高知となりました。
今回の統合により、オルタステクノロジーとなりました。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。