内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サムスン電子 - 曲面OLED(有機EL)テレビを発売

サムスン電子が曲面OLED(有機EL)テレビを発売します。

リリース文を翻訳引用

サムスン電子、完璧な画質を備えた無欠点曲面OLEDテレビの時代を宣言

サムスン電子は27日、ソウル、瑞草洞サムスン電子瑞草社屋で開かれたメディア行事で、55型曲面OLEDテレビをリリースし「無欠点OLEDテレビ」の世界市場発売を宣言した。

ただ一つの画素不良もない完璧な画質の「無欠点TV」を宣言

サムスン電子は曲面OLEDテレビの完璧な画質と無欠点TVのためにOLEDディスプレイ画面で画素(Pixel)不良も許容しない「Zero Pixel Defect(ZPD)」を宣言した。

OLEDの場合、カラーフィルターと発光素材が分離しているLCDとは違って、それぞれの画素が自ら光を出す構造になっているので、他のディスプレイより、より一層難しい工程を経なければならない。

OLEDテレビは、難しい製造工程により画素不良がたびたび発生する可能性があるが、サムスン電子は顧客にOLEDの最も大きい長所である完璧な画質をより一層よく表現するために「Zero Pixel Defect(ZPD)」を適用することを決めた。

特に、サムスン電子はOLED技術力を土台にした「Zero Pixel Defect(ZPD)を全世界マーケティング活動にも積極的に活用する方針だ。

最上位ラグジュアリーデザイン…Timeless Arena

サムスン電子曲面OLEDテレビは、最上位製品にだけ適用しているラグジュアリーフレームデザインに最適な曲律を適用した曲面形状の「Timeless Arena」デザインを適用して、最高級メタル素材を活用。飽きない品格あるデザインの価値を加えた。

また、技術力の優位を基に現実感ある映像を提供するということはもちろん、正面から見た時の視聴者の視線を画面すみずみまで同一に見ることができるようにした曲面OLEDテレビの特性をより一層生かした。

「スマートデュアルビュー」と「エボリューションキット」などのサムスンだけのプレミアム機能採用

サムスン電子曲面OLEDテレビには、全世界中のTV業者が採用したことがないサムスン電子独自の機能が採用されている。

特に、視聴者たちが二つのリアルタイム放送画面を同時に楽しめるように「スマートデュアルビュー(Smart DualView)」機能を採用する。

「スマートデュアルビュー」は、OLEDテレビの速い応答速度特性を利用した機能で、サムスン電子だけの専用メガネを利用して映像と声を視聴することができる。

また、曲面OLEDテレビは、毎年急変するTV機能と性能に直ちに対応することができるように「エボリューションキット」を採採用した。

これらにより、今年プレミアムスマートTV、UHD TVに続き、曲面OLEDテレビに至るまで、未来に対する徹底した対応で差別化された価値を持続する「フューチャープルーフ(Future Proof)」プレミアムTVラインナップを完成させた。

(中略)

サムスン電子映像ディスプレイ事業部キム・ヒョンソク事業部長は「消費者に価値を提供できる完璧な曲面OLEDテレビを発売するという約束を守れうれしい。サムスン曲面OLEDテレビは完璧な画質の無欠点TVで、時間のを越えて常に最新の性能を提供するFuture Proofを消費者に提供するだろう」と明らかにした。

サムスン電子曲面OLEDテレビは、27日から全国の主な売り場で販売して、価格は出庫基準1,500万ウォンだ。

仕様

仕様は公開されていますが、LG電子と同じで限定的な公開です。

パネル サイズ 55型[54.6型](対角138cm)
画素数 1,920×1,080
端子 ・オーディオミニジャック×1
・コンポーネント端子×1
・コンポジット×2
・光音声端子×1
・LAN端子×1
・HDMI×4
・RS-232C×1
・USB×2
スピーカー 40W:10W×2、ウーファー20W×1
電源 定格電圧 AC220-240V 50/60Hz
消費電力 非公開
サイズ スタンド無し 幅1418.1×高777.7×奥135.6mm
スタンド有り 幅1418.1×高777.7×奥359.7mm
重量 スタンド無し 27.2kg
スタンド有り 30.9kg

他機能として、2D→3D変換、マルチビュー、無線LAN(内蔵)、マルチタスク、2画面、スマートTV(スカイプやWebブラウザなど)、内蔵カメラ(顔認識、動作認識、音声コマンド、対話型音声認識)。

付属品として3Dメガネが4個同梱されます。

サムスンの今後の予定

曲面タイプがサムスンの初有機ELテレビになりますが、平面タイプについては今のところ今年中の発売は無いとしています。市場を見ながら投入するという考えのようです。

この発表の場で、UHD TV画素数3,840×2,160のディスプレイを使用したテレビのこと。日本では4Kが一般的。の発表も同時に行なっています。まだ、有機ELテレビは価格が高いこと、UHD TVの発売が進んでいることなどから、まだ液晶テレビが主流であると踏んでいるようです。

所感

曲面有機ELパネルを採用したテレビは、LG電子が発売済みであり、これに続く格好になります。

予想外なのが、平面タイプではなく、曲面タイプを先に発売したことです。
当然ですが、平面タイプと曲面タイプでは、後者の方が製造が難しく、歩留まり簡単に言えば不良率のこと。使用原材料に対しての製品料の割合。高い程、原材料を無駄にせずに製造できているということ。も低いはずです。

この発表でサムスン電子は、「先行したLG電子は、まだ有機ELテレビ市場を作れていない」と発言しており、後発になったことに対する問題はないと遠まわしに発言していますが、やはり危機感はあるようで、ZPDという付加価値を付けています。

ZPD(Zero Pixel Defect)は、画素不良が無いことを保証するものです。
サムスン電子の有機ELパネルは、Samsung Displayが製造しており、FMMFine Metal Mask。有機ELの発光素子を作る際の製造方法。有機材を蒸着する際にメタルマスクを使用するためこのような名称。による塗り分け方式有機EL発光素子をRGB各色に塗り分ける方式のこと。により製造されており、画素不良画素(ピクセル)は表示を作り出す最小単のことでドット(サブピクセル)が集まった物です。なのでドット不良があればそれは画素不良があるということになります。は発生し易いです。にも関わらず、ZPDを行なうことは、かなりリスクがあるようにも思えます。ただ、発表では直接明言していませんが、歩留まりは問題の無い程度になっていると発言しています。

ただ、曲面タイプで歩留まりが問題ないのならば、平面タイプも問題ないはずで、この発売が遅れたことには疑問を感じます。
戦略面や価格面などあるでしょうけど、ちょっと引っかかります。

仕様を見ると分かりますが、消費電力の記述がありません。LG電子も同じように記述をしていませんでした。
同サイズの液晶パネルに比べるとかなり高いと予想されます。
他のテレビと同様に、元々公開していないという訳ではなく、これだけ記載していません。液晶パネルではちゃんと記載されていますし、測定が終わっていないものは「TBDTo Be Determined。要決定の意味。決定しなければいけない項目だが、まだ決定していないという意味。」と記載しているので、間違いなく意図して隠しています。

韓国国内では、今日27日に出荷が開始され、価格は1,500万ウォン2013/06/27現在では約128万円。です。
この価格はLG電子の曲面有機ELテレビと同額です。

当ブログ関連記事

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。