内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

BenQ - BL2411PT

BenQが販売する、24.1型、画素数1,920×1,200、IPSパネルの液晶モニター「BL2411PT」について。

BenQ – BL2411PT

液晶パネル

サイズは24.1型、画素数は1,920×1,200です。アスペクト比は16:10です。(※仕様では24型となっていますが、画素ピッチが0.27mmということなどから、24.1型としています。)
液晶表示方式は、広視野角のIPS方式を採用し、バックライトはLEDです。対応色空間はsRGBで、sRGBを100%カバーします。

コントラスト比は1,000:1と一般的で、コントラスト比拡張時は20,000,000:1を実現します。
最高輝度は300cd/m2。
応答速度は14ms、オーバードライブ時は5ms(GtG)です。
画素ピッチは0.270mmで、精細度は約94ppiです。

入出力端子

ミニD-Sub15ピン、DVI-D(HDCP対応)、DisplayPort(HDCP対応)を備えています。 
音声端子は、ステレオミニ入力端子とヘッドフォン端子(ステレオミニ)を備えています。(※日本での仕様では記載されていませんが、グローバルサイトでは記載されています)

その他機能

画面のちらつき(フリッカー)を抑えるフリッカーフリーバックライトを搭載し、目の疲れなどを抑制します。

BenQの画像補正機能であるSenseye3を搭載しています。また紙媒体を見ているようにするReading Mode(観覧モード)を搭載します。

環境光の明るさを感知し、自動的に画面の明るさを調整するオートアイプロテクトセンサーを搭載しています。また、人感センサーを搭載し、モニターの前から離れると自動的に待機状態に移行します。

スタンド機能/消費電力/本体部

パネル部分を上方向(20度)、下方向(-5度)に向けるチルト、パネル部分を縦回転させるピボット、パネル部分を左右に向けるスイーベル(左右90度)、パネル部分の高さを調節する高さ調節(130mm)に対応します。

消費電力は最大時40W、標準時23W、待機時0.3Wです。

VESAマウント(アームマウント)に対応し、ピッチは100mm×100mmです。
電源は内蔵し、スピーカーは1W×2です。

外形寸法はパネル部のみが幅555×高366×奥63mm、パネル部+スタンドで幅555×高444-574×奥236mm。重量はパネル部+スタンドで6.7kgです。

主な付属品/保証

主な付属品は、電源ケーブル、ミニD-Sub15ピンケーブル、DVI-Dケーブル、音声ケーブル。

保証は購入日から3年間ですが、液晶パネルとバックライトは1年間です。


BenQが発売するBLシリーズです。
BLシリーズは業務用途用のモニターになります。なので、ピアノ仕上げが多いBenQデザインにしてはかなり落ち着いたデザインをしています。

液晶パネルにはIPSパネルが採用されています。サイズは24型と表記されていますが、このサイズでこの画素数では24.1型でしょう。おそらく、LG Displayのパネルでしょうけど、BenQ関連会社のAUOもIPSパネル(AHVA)を作っているので、AUOの可能性もゼロではありません。27型なら可能性は高いでしょうけど、24.1型ですので、まあ違うでしょう。

フリッカーレスパネルですので、画面のちらつきが少ないです。この機能は、GW2760HSから搭載され始めた機能です。
最近は粗悪なLEDのおかげで画面のちらつきが増えていますので、こういう機能はうれしいですね。

PinPとPbyPは非搭載になります。搭載されてもいい気がしますけど。あくまでも事務用途ということですかね。
DisplayPortは搭載されていますが、HDMI端子はないので、HDMIで接続する場合は注意が必要です。
スイーベル(首振り)は左右で90度(片方の角度では45度)ですので、広範囲をカバーしません。

発売日は2013年5月31日です。

+仕様表を開く

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。