AGC - 光学接合用樹脂付カバーガラスの販売を開始 - スポンサー広告ディスプレイその他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AGC - 光学接合用樹脂付カバーガラスの販売を開始

AGC(旭硝子)が光学接合用樹脂付カバーガラスの販売を開始します。

AGC - ディスプレイをくっきり鮮やかにする光学接合用樹脂付カバーガラスを市場に投入(PDF注意)

スマートフォンやタブレットの普及が進んでいます。その中で表示品質が優れていることを“売り”にしているメーカーもあり、IPS方式や広色域化などを進めています。その“売り”の一つに、スマートフォンやタブレットで多く発生する表示品質の劣化を発生させる「エアギャップ」を低減させる「エアギャップレス」が進んでいます。

スマートフォンやタブレットは、基本的にカバーガラス、タッチパネルを採用しており、このタッチパネルと液晶パネルとの隙間、タッチパネルとカバーガラスとの隙間に空気層があるため、表示品質が劣化するという問題があります。 これらを低減させるために、接着剤で接着する、特殊な樹脂を空気層に注入するなどが行なわれていますが、接着剤での接合は気泡や張り合わせ時の位置ズレなどによる歩留まりの低下、樹脂の注入は製造工程が複雑であるため、採用されている機種は一部のみに留まっています。

今回AGCが販売するカバーガラスは、カバーガラスと液晶パネルなどを接合する面に新しい設計の接合用樹脂を使用します。この特殊樹脂は、張り合わせ時に発生する気泡を吸収するため、隙間無く接合することが可能です。また、従来必要だった高温高圧処理など必要ないため、製造が容易になり、また大きいサイズに適用し易くなります。

この製品のみではエアギャップがなくなるということはありませんが、インセル型/オンセル型のパネルでは大い効果が期待できるのではないでしょうか。 最近、普及が進んでいるカバーガラス一体型タッチパネルでも使用できるか不明ですが、この製品の普及が進めば、エアギャップが低減されたクリアな画質が容易に手に入ることになります。

ただ、この製品の肝はカバーガラスではなく、接合樹脂です。なので、接合樹脂部分のみの販売が行なわれれば普及は早いと思われますが、リリース文を読む限りでは、同社のカバーガラスに接合樹脂を付けた状態のみでの販売のようです。同社のカバーガラスは「Dragontrail」ガラスが有名ですが、大きなシェアを持っているアメリカCorning社の「Gorilla」ガラスや、ドイツのSchott社の「Xensation」ガラスなどもあり、大きく普及が進むかは未知数だと思われます。

関連記事

Tag:ディスプレイ AGC カバーガラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。