内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ジャパンディスプレイ - 裸眼3D表示対応の車載液晶パネル開発

ジャパンディスプレイが裸眼3D表示が可能な車載液晶パネルを開発しました。


2D切り替え可能な12.2型3D表示ディスプレイを開発

株式会社ジャパンディスプレイ(社長:大塚周一。以下「当社」といいます。)は、対角30cm(12.2型)高精細の2D/3D切り替え可能な液晶ディスプレイを開発しました。

このたび開発した2D/3D切り替え可能な液晶ディスプレイは、3D表示技術に可変視差バリア方式を採用することで2D/3Dの表示を切り替えるとともに、3D視認領域を可変します。本技術は、視認者の頭部位置を追尾するヘッドトラッキングシステムと連動することで、視認者への3D視域の最適化を図ります。

この技術を応用して、今回、3D表示へのニーズが高まる車載用途に向け、高精細(2D表示:1920(横)×720(縦)画素、3D表示:960(横)×720(縦)画素)かつ2D/3Dの切り替え可能な液晶ディスプレイを開発しました。

本開発品は本年5月21日から23日までカナダVancouver Convention Centerで開かれる「SID(Society for information display)2013」の当社ブースにて展示いたします。展示品は車載用途を想定し、ヘッドトラッキング連動3D表示のデモンストレーションを実施予定です。

【開発品の概要】

画面サイズ 対角30cm(12.2型)
画素数 2D表示:1920(横)×720(縦)画素
3D表示:960(横)×720(縦)画素
表示輝度 2D表示:1300cd/m2
3D表示:500cd/m2
表示コントラスト 1300:1
3D表示視認範囲 54度
3D表示視認距離 880mm
3D表示クロストーク 3.8%(Min)

サイズは12.2型で画素数は1920×720です。3Dに対応し、3D方式は可変視差バリア方式です。
可変視差バリアなので、視聴者の動きに追従するように、ヘッドトラッキングシステムと連動しています。
視差バリア方式は、任天堂の3DSに使われている裸眼3D方式です。水平画素数が半分になりますが、3Dグラスが不要です。

12.2型でありながら、1920×720の画素数ですから高精細の部類です。計算値ですが、約168ppiになります。

と、特に書くことが無いのですが、個人的に3D表示必要か?という疑問があります。
リリース文中には「3D表示へのニーズが高まる」とありますけど、計器をそこまで凝視しないでしょう。

この開発品は、今年のSID2013で展示されます。SIDは世界最高峰のディスプレイの祭典といっても良いぐらいのイベンドです。
しかし、もうSIDの時期ですか。時間が過ぎるのが早いなー。今年はカナダで開催されるそうです。
このブログをご覧の方でも行かれる方がいるんでしょうね…羨ましい…

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。