内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Sharp - TFTにIGZOを使用したノートPC用液晶パネルを生産開始

Sharpが亀山第2工場で、TFTにIGZOを使用したノートPC用の生産を開始するとリリース文を掲載しました。


業界最高水準※1の画素密度を実現

ノートPC向けIGZO※2液晶パネル 3タイプを生産開始

シャープは、業界最高水準※1の画素密度を実現したノートPC向けIGZO※2液晶パネル 3タイプ<11.6型/14型/15.6型>の生産を、6月から亀山第2工場で開始します。本年1月から生産を開始した13.3型に加え、ノートPC向けIGZO液晶パネルのラインアップを拡充します。

本液晶パネルは、IGZO技術の採用により、薄膜トランジスタの小型化が図れ、光の透過率が向上しました。これにより、なめらかでくっきりした文字やリアリティ溢れる映像を表示します。たとえば14型では、フルHD※3の1.67倍となる262ppiの画素密度を実現しました。また、光の透過率の向上により低消費電力化が図れることに加え、静止画表示時に液晶駆動電力を抑えるIGZOの特性との相乗効果で高い省エネ性を発揮、ノートPCのバッテリー駆動の長時間化に貢献します。さらに、ペン入力ができるタッチパネル対応の設計も可能です。

シャープは、今後も、IGZO液晶パネルが有する高精細表示や省エネなどの特性を生かし、スマートフォンやタブレット、ノートPC、4Kディスプレイなど、アプリケーションを拡大して参ります。

画面サイズ 11.6型 14型 15.6型
画素数 2,560×1,440
(WQHD)
3,200×1,800
(WQHD+)
3,200×1,800
(WQHD+)
画素密度 253ppi 262ppi 235ppi
用途 ノートPC

(参考:量産中のモデル)

13.3型
2,560×1,440
(WQHD)
221ppi
ノートPC

本液晶パネル(一部除く)は、「The Society for Information Display」(場所:カナダ・バンクーバー、開催日:5月21日~5月23日)のSharp Microelectronics of the Americas(SMA)ブースに出展いたします。

※1 2013年5月14日現在。ノートPC向け液晶パネルにおいて。(当社調べ)

※2 IGZO液晶ディスプレイは、(株)半導体エネルギー研究所との共同開発により量産化したものです。

※3 画素数:1,920×1,080。画素密度:190ppi(11.6型)、166ppi(13.3型)、157ppi(14.0型)、141ppi(15.6型)


6月より生産される模様で、11.6型(2560×1440)、14型(3200×1800)、15.6型(3200×1800)の3種類です。
製品の仕様はTFTにIGZOを使用したということ以外不明なのが残念ですが、VAパネルである可能性が高そうですね。IGZOは亀山第2で生産されているということから、非晶質のIGZO(アオモルファスIGZO)でしょう。スマートフォン向けの高精細パネルはC軸に結晶化したCAAC-IGZO(生産は天理工場)ですが、これはa-IGZOでしょうね。

亀山第2にCAAC-IGZO導入の話しもありますが、現状の経営状況で導入しているとは考えづらいです。天理工場のみで生産数が少なく、CGシリコンに頼っている状況で、スマートフォン用液晶パネルの主力工場である三重第3工場(CGシリコン)にも導入されているとは思えない状況ですから、導入したくても導入できないのでないでしょうか。
まあ、シャープの位置づけ的にはa-IGZOは精細度300ppiまでとしていますので、200ppi程度ならCAAC-IGZOを使用するまでも無いでしょうけど。

生産するというリリース文ですから、どこかの製品に採用される可能性が高いですね。冬モデルぐらいには各社のハイエンドで採用されるのではないでしょうか。

13.3型は今年の1月から量産に入っているとのこと。このサイズ、画素数には覚えがありますね。東芝のV832です。
V832の液晶パネルについて詳しくはこの記事に書きましたが、the比較によればシャープ製だったということですので、高い確率でこの量産中のパネルである可能性が高いですね。

バッテリー駆動時間が比較的長い部類に入りますし。スマホみたいに他機種と比べて圧倒的な数字ではありませんが、開口率の高さはバッテリー駆動時間に影響します。このような高精細パネルの場合は特にです。

2009年に東芝モバイルディスプレイがノートPC向けのパネル生産をやめたときに各メーカーが阿鼻叫喚だったのは、この辺の影響があるのではないでしょうか。東芝のノートPC用液晶パネルはシンガポールにあるAFPDで生産されたもので、ここはLTPS-TFTによる生産を行なっていました。アモルファスシリコン(a-Si)に比べてTFTが小型化可能ですから、開口率が高くなるため、低消費電力でありながら輝度が稼げます。AFPDは台湾のAUOに売却され、現在もLTPS-TFTを使用したパネル製造を行なっています。おそらく、AUOが有機ELを本格量産する場合の主力工場になるのではないでしょうか。AFPDはLTPS-TFT製造においては世界トップクラスの実力と実績があるメーカーです。

当ブログ – ジャパンディスプレイ > 元会社(東芝モバイルディスプレイ)の沿革

量産されているわけですが、残念ながらVAパネルのようです。
最近はIPSが多くなっているので、IPSを期待したいところでしたが…VAでもいいのですけどね、TNよりずっとかマシですから。

当ブログ関連記事

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。