内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Acer - 「H226HQLbmid」「H226HQLbmd」

Acerが販売する、21.5型、画素数1,920×1,080、IPSパネルの液晶モニター「H226HQLbmid」「H226HQLbmd」です。

Acer - H226HQLbmid

Acer - H226HQLbmd

液晶モニターの用語解説

液晶パネル

サイズは21.5型、画素数は1,920×1,080です。アスペクト比は16:9です。表面処理は光沢(グレア)処理です。
液晶表示方式は、広視野角のIPS方式を採用し、バックライトはLEDです。対応色空間はsRGBです。パネルメーカーは非公開ですが、LG Displayでしょう。
ベゼル(枠)は、「Zero Frame」デザインを採用しているそうです。「Zero」と単語ありますが、ベゼル幅は2.2mmです。ですが、非表示エリアが存在するので、実際は少し太くなると思われます。

コントラスト比は1,000:1と一般的で、コントラスト比拡張時は1億:1を実現します。
最高輝度は250cd/m2。
応答速度はオーバードライブ時は5msです。通常時は不明ですが、おそらく、10ms程度だと思われます。
画素ピッチは0.248mmで、精細度は約102ppiです。

入出力端子

「H226HQLbmid」「H226HQLbmd」と2機種ありますが、大きな違いは入力端子です。
H226HQLbmdは、ミニD-Sub15ピン、DVI(HDCPの対応不明。おそらく対応)のみですが、H226HQLbmidはここにHDMI(HDCP対応)が加わります。

スタンド機能/消費電力/本体部

スタンド機能は不明です。

消費電力は、標準時26W、待機時450mWです。

VESAマウント(アームマウント)の対応は不明です。
スピーカーは搭載されていますが、出力W数は不明です。

外形寸法はパネル部+スタンドで幅497.8mm×高386.1mm×奥172.7mm。
重量はパネル部分のみが2.56kg、パネル部+スタンドで3.27kgです。

主な付属品/保証

主な付属品は、ミニD-Sub15ピンケーブル、DVIケーブル。

保証については不明です。


Acerの21.5型のIPSモニターです。表面処理は光沢仕様です。AcerのHPは仕様が不明な部分が多いのが難点です。
「H226HQLbmid」「H226HQLbmd」と2機種が一緒に書いてありますが、違いはHDMIの有無だけです。

ベゼルは、「Zero Frame」デザインとかいうのが採用されていますが、ベゼルが0mmではなく、2.2mmです。そこに非表示エリアがプラスされるので、2.2mmのベゼルではないです。
おそらく、LG DisplayのAH-IPSでしょうね。こういう非表示エリアありのスリムベゼルというのがありますし。
しかし、よく考えますね。非表示エリアはあるけど、ベゼルは細いというやり方を。

Acerお得意のあまりにも高いダイナミックコントラスト比。正直当てにしたら負けですよw
光沢のIPSパネルが使われているという以外は特に目立ったものはないです。

なお、HPの特長の項目はAcerのモニター全体を指しているので、あまり鵜呑みにせず、仕様と照らし合わせてよく確認して下さい。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。