内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

BenQ - GW2255

BenQが販売する、21.5型、画素数1920×1080、VAパネルの液晶モニター「GW2255」です。

BenQ - GW2255

液晶モニターの用語解説

液晶パネル

サイズ21.5型、画素数は1920×1080(Full-HD)です。アスペクト比は16:9です
液晶表示方式は、VA方式を採用し、バックライトはLEDです。対応色空間はsRGBです。パネルメーカーは非公開ですが、十中八九AUOでしょう。

コントラスト比は3,000:1と高く、コントラスト比拡張時は20,000,000:1を実現します。
最高輝度は250cd/m2。
応答速度は25ms、オーバオードライブ時は6ms(GtG)です。
画素ピッチは0.248mmで、精細度は約102ppiです。

入出力端子

ミニD-Sub15ピン、DVI-D(HDCP対応)のみです。最近標準的に採用されるHDMI端子はありません。

音声端子はひとつもありません。

その他機能

BenQの色設定モードであるSenseye3を搭載しています。これはプリセットされた設定値を特定の使用状況で使用することにより、最適な表示が出来る機能で、また手動による設定も可能です。

液晶の応答速度を高めるオーバードライブ機能AMAを搭載し、中間調から中間調(GtG)への応答速度を6msに改善します。

DCR(Dynamic Contrast Ratio)機能を搭載。3,000:1のコントラスト比を2千万:1のコントラスト比を実現します。

スタンド機能/消費電力/本体部

パネル部分を上方向(15度)、下方向(-5度)に向けるチルトに対応します。

消費電力は最大時28W、標準時22W、エコモード時19W、待機時0.3W以下です。

VESAマウント(アームマウント)に対応し、ピッチは100mm×100mmです。
電源は内蔵で、スピーカーはありません。

外形寸法は、パネル部+スタンドで幅525×高400×奥174mm。重量はパネル部+スタンドで3.7kgです。パネル部のみの寸法、パネル部のみの重量は不明です。

主な付属品/保証

主な付属品は、電源ケーブル、ミニD-Sub15ピンケーブル、DVIケーブル。

保証は購入日から3年間ですが、液晶パネルとバックライトは1年間です。


基本的な機能のみを備えたモニターです。
パネルにはAUOのA-MVA(VA方式)を採用しているのが売りでしょう。それ以外は目立った機能はありません。
事務用途に特化しているようなモニターですが、筐体デザインはピアノ仕上げで、光沢があるものなので、そうでもありません。なんとも中途半端にも思えますね。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。