内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

AUO - 5型、Full-HDの有機ELパネルなどを展示

台湾のディスプレイメーカーであるAU Optronics(以下“AUO”)が複数のディスプレイを「CITE & CODE 2013(China Information Technology Expo & China Optoelectronics Display Expo 2013)」で公開します。

AUO - AUO debut 5-inch FHD OLED smartphone display with the world's highest resolution (2013.04.09)

公開するディスプレイは

  • 5型、Full-HDの有機ELディスプレイ
  • 5型から5.7型までのスマートフォン用液晶パネル
  • 10.1型のAHVA液晶パネル
  • 55型、QFHD液晶パネル/65型、QFHD液晶パネル(偏光方式の3D対応)
  • 55型、調光ミラー液晶ディスプレイ/65型、透明液晶ディスプレイ
  • One-Glass-Solution (OGS) タッチパネル

です。

5型、Full-HDの有機ELディスプレイ

5型、Full-HD(1920×1080)の有機ELパネルです。Samsung Displayが5型、Full-HDのAMOLED(Active Matrix-Organic Light Emitting Diode)を生産することは記憶に新しい所です。
おそらくAUOのパネルは試作品でしょうから、量産までは時間がかかるのでは?

5型、Full-HDに対応し、精細度は443ppiです。
画素配列などは不明ですが、FMM(Fine Metal Mask)によりRGBを塗り分けています。Samsung DisplayもFMMによる塗り分けですが、特殊な画素配列をしています。

5型から5.7型までのスマートフォン用液晶パネル

サイズが大型化してきているスマホ用のパネルです。液晶表示方式はIPS方式(In Plane Switching)で、AUOのAHVA技術(Advanced Hyper-Viewing Angle)により生産されます。
TFTにはLTPS(Low Temperature Poly Silicon:低温多結晶シリコン)が使用されます。このため狭額縁化が可能になり、約1mmの額縁になっています。

10.1型のAHVA液晶パネル

詳しいことはまったく触れらてないので不明です。もしかしたら、現行の量産品かもしれません。

55型、QFHD液晶パネル/65型、QFHD液晶パネル(偏光方式の3D対応)

QFHD(3840×2160)の液晶パネルです。最近は、この画素数のパネルの開発が盛んです。
55型は現行量産品が存在します(東芝から発売されているやつです)。65型は偏光方式の3Dに対応します。

55型、調光ミラー液晶ディスプレイ/65型、透明液晶ディスプレイ

両サイズとも画素数はFull-HDで、パブリック用の液晶パネルです。
55型は調光ミラータイプで、ガラスみたいになります。65型の透明液晶ディスプレイはその名の通り透明です。といっても、透き通るというよりは「なんか透けて見えるね」程度ですけど。

One-Glass-Solution (OGS) タッチパネル

最近はやりのカバーガラス一体型タッチパネルです。タッチセンサーをカバーガラス(保護ガラス)と一体化する技術です。一体化することにより、液晶パネルを薄くすることが出来ます。ただ、保護ガラスにタッチセンサーが形成されるので、保護ガラスが割れるとタッチ操作が出来なくなります。
AUOではカバーガラス一体型タッチパネルのことを「One-Glass-Solution(OGS)」と呼称しています。

今回は、11.6型、AHVA技術を使用したパネルを展示します。タッチパネルの厚さは0.7mmです。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。