内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

NECディスプレイソリューションズ - LCD-EA294WMi、LCD-EA294WMi-BK

NECディスプレイソリューションズ(以下NEC)が販売する、29型、画素数2560×1080、IPSパネルの液晶モニターLCD-EA294WMi、LCD-EA294WMi-BKです。

NECディスプレイソリューションズ - LCD-EA294WMi、LCD-EA294WMi-BK

液晶モニターの用語解説

液晶パネル

サイズは29型、画素数は2560×1080です。アスペクト比は21:9です。
液晶表示方式は、広視野角(上下左右178度)のIPSパネルを採用し、バックライトは白色LEDです。対応色空間は、sRGB相当です。パネルメーカーは非公開ですが、十中八九LG DisplayのAH-IPSでしょう。

コントラスト比は1,000:1と一般的で、コントラスト比拡張時は25,000:1を実現します。
最大輝度は300cd/m2。エコモード時にエコモード1で約200cd/m2、エコモード2で100cd/m2に調整されます。
応答速度は、オーバードライブ時に6ms(GtG)です。通常時は不明ですが、おそらく10ms(GtG)程度だと思われます。
画素ピッチは0.263mmで、精細度は約97ppiです。

入出力端子

NECのモニターは他のメーカーに比べ豊富な接続端子を備えていることが多く、このモニターも豊富な端子郡です。
現在PCモニターとPC本体とを接続する主流な規格(端子)である、ミニD-Sub15ピン×2、DVI-Dシングルリンク(HDCP対応)、DVI-Dデュアルリンク(HDCP対応)、HDMI(HDCP対応、MHL対応)、DisplayPort(HDCP対応)を備えています。

DVI-D端子は2端子ありますが、シングルリンクとデュアルリンクに対応しています。おそらくドットバイドットで表示できるのは、デュアルリンクの方のみだと思われます。接続時に注意が必要だと思います(規格上、シングルリンクでもこの画素数は表示できますが、フレームレートが落ちることになるので、モニター側が信号を送らない可能性があります)。
HDMIはMHLにも対応しており、スマートフォンなどと接続すると、スマートフォン画面をモニター上に表示できます。

ControlSync(コントロールシンク)を搭載しており、最大6台のControlSyncに対応したモニターとを接続して、親機の設定を接続した子機に反映させることが出来ます。

USB2.0に対応してUSBハブを搭載しており、4つの機器を接続することができます。
音声端子は、ステレオミニ入力端子とヘッドフォン端子(ステレオミニ)を備えています。

その他機能

モニター前の人を感知して、離席時に輝度を落としたりして省電力モードに変える「人感センサ」。環境光に応じて画面の明るさを自動調節する「オートブライトネス」。2つの画面を並べて表示できる「ピクチャー・バイ・ピクチャー(PBP)」に対応しています。

スタンド機能/消費電力/本体部

パネル部分を上向き(30度)、下向き(-5度)に動かすことが出来るチルト、パネル部分を縦回転(90度回転)させるピボット、パネル部分の高さ調節(130mm)に対応しています。

最大動作時(オーディオ+USB動作時)の消費電力は46W、通常動作時(エコモード1)21W、エコモード2時16W、待機時0.47Wです。

外形寸法は幅705.8×高410.4-540.4×奥230mm。重量はパネル部のみが6.6kg、パネルとスタンドで9.6kg。VESAマウント(アームマウント)に対応し、ピッチは100mm×100mmです。

電源は内蔵。スピーカーは1W×2(ステレオ)。
カラーはホワイト(LCD-EA294WMi)とブラック(LCD-EA294WMi-BK)の2色です。

主な付属品/保証

主な付属品は、電源ケーブル(1.8m)、ミニD-Sub15ピンケーブル(1.8m)、DVI-Dデュアルリンクケーブル(1.8m)、ステレオミニオーディオケーブル(1.8m)、ControlSyncケーブル(1.8m)。

保証は購入日から3年間になります。


まさか、NECが21:9のIPSパネルを使ったモニターを発売するとは思いませんでした。
LG電子やDELLが同じパネルを使ったモニターを発売していますが、これらと違う点は、事務用途に特化している点でしょうか。LGやDELLのはシネマスコープに対応しているため映画などに最適と宣伝していますが、NECはワイドな画面により作業がやりやすくなることを宣伝しており、対照的ですね。

映像入力端子が本当に豊富です。まあPBPに対応しているので、豊富じゃないと困るのですけどね。
このサイズで、ピボット対応ですから縦表示時は圧巻でしょうね(DELLのも対応してます)。

LG電子のを見たことあるのですけど、かなり横長です。購入を検討される場合は、設置場所の寸法に問題ないことをよく確認することをおすすめします。
個人的にですが、この横長画面は取り回しに苦労しそうな気もします。何かに流用するのも難しいそうですし。横画素数だけ見れば、27型の2560×1440のモニターと変わらないですし、縦画素数がこれよりも少ないです。なので、画素数が欲しい場合は、29型ワイドを検討するより、27型2560×1440のモニターを検討した方がベターかもしれません、価格もそこまで差が無いですし。

しかし、年間の販売目標台数が白と黒あわせて2000台というのが…そんなに売れないのですかね。
発売日は不明ですが、出荷開始日は2013年6月24日です。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。