内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

争いの末路

Samsung DisplayのAppleへのパネル供給量が落ちているそうです。


アップル、サムスンディスプレイからの調達を大幅に減らす(韓国語ソース)

LGD、9.7インチパネルのシェア率70%越え

アジアトゥデイ= LGディスプレイが9.7インチ液晶表示装置(LCD)パネルの10個中7個を供給すると調査された。9.7インチLCDはアップルの主力タブレットPCである「第4世代iPad」と「iPad2」に使用されている。

これはアップルがサムスンとのスマートフォン特許訴訟でサムスン部品を減らしたため、新製品用パネルの大部分をLGが供給しているためだと分析される。

26日、市場調査機関であるディスプレイサーチによれば、アップルの主力タブレットPCの第4世代iPadとiPad2に使われる9.7インチLCDパネルの10月の全世界出荷量は591万6000台と集計された。この内LGディスプレイが424万8000台で71.8%を占めて、3月の88万6000台(24.0%)より5倍近く増えた。

サムスンディスプレイの出荷量は同期間で257万8000台(70.0%)、42万8000台(7.2%)で80%以上急減少した。

特にアップルが低価格帯タブレットPC市場を攻略するために発売した「iPad mini」に使われる7.9インチLCDパネルの10月出荷量224万台中77.7%である174万台がLGディスプレイ製品であることが分かった。残りの50万台(22.3%)は台湾AUO製品だった。

9.7インチと7.9インチLCDパネルがiPadシリーズだけ使われるという点からアップルの脱サムスン部品の歩みがより一層速度を増していると見られる。実際、これら2つに使われたLCDパネルの内、LGの供給率は73.4%であり、サムスンは5.2%に過ぎなかった。

LGディスプレイはアップルへの供給量増加によりタブレットPC用LCDパネル市場のシェアが急上昇した。3月23.0%(173万6000台)であったシェア率は10月40%(748万3000台)に上がった。サムスンディスプレイはアップルへの供給量が急減し3月のシェア41.2%(311万6000台)から10月には21.9%(410万5000台)に急落した。

一方10月の世界タブレットPC用LCDパネル出荷量は1871万台で昨年同時期955万台より95.9%増加した。今年の初めから先月まで累積出荷量は1億2273万3000台を記録した。アップルのタブレットPC市場のシェアは第3四半期で50.4%だ。


別ソースもあります(朝鮮日報日本語版

Samsung DisplayのAppleへのパネル供給量が落ちているという記事なんですが、それ以上にLG Displayの供給量が気になります。

考えてみれば、ここ最近のApple製品のほとんどにLG Displayは絡んでいます。
最近ではiPhone5、MacBookPro with Retina、iPad4、iPad miniと。その前はiPhone4、4S、iPad2、iPad3も供給していました(している)。
大量にIPSパネルを安定に供給出来るメーカーですから、当たり前といったら当たり前。

個人的にはLG DisplayがAppleに依存し過ぎていないか、心配です。この供給から見てもかなりの枚数です。
Appleのパネルは単価が高いといわれていますし、Appleがこけたら共倒れしそうです。
まぁ、ラインが開いたら他のメーカーへの供給に切り替えるだけかもしれませんが、この時の損失は大きいのでは?

Samsung Displayの供給量も70%から7.2%というとんでもない急減少です。
こうみると、iPadのパネルにはシャープも供給しているのですかねー
Samsung Displayにとっては「痛い」でしょうけど、この手のパネルの需要は増え続けているので、そこまで問題は無いかもしれません。

しかし、iPad miniの供給量の比率が…AUOの歩留まりが悪いという報道がありましたが、ここまでとは。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。