内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Samsung Display - 牙山工場で火災

Samsung Displayで火災がありました。


サムスンディスプレイ牙山事業所で火災、4千万ウォン被害

30分で火災鎮火。人命被害はなく、一部生産ライン影響点検後に正常稼働

5日午後7時頃、忠南・牙山市・湯井面サムスンディスプレイ牙山事業所の出荷部倉庫で火災が発生し、LCDTVパネルなどが燃えた。消防署推算では約4500万ウォンの財産被害。

火災は、サムスン自社消防隊と119消防隊約110人の消防隊員によって30分で鎮火した。人的被害はなかった。

6日、サムスンディスプレイ関係者は「前日午後7時頃、牙山事業所LCD生産ライン近くの出荷部側倉庫で、電気ショートと思われる火災が発生した。発見後直ちに自社消防隊の出動と共に119に通報して、火災発生後30分で人命被害なしに火を消した」と明らかにした。

この関係者は「正確な火災原因は消防当局などが確認して分かるだろうが、出荷部内電気配線などのショートと思われる」とした。また「出荷場というよりは倉庫として使われる所のため、EPSと発泡スチロールがたくさんあり、火災時に濃い煙が発生したが、実際の製品への被害は軽微だ」と明らかにした。

この関係者は「火災発生後直ちに役職員を待避させて自社消防隊で消化活動を行い、119消防隊が到着した時はほとんど鎮火しており、煙の除去作業などを進めた」と説明した。

サムスンディスプレイは煙や灰に敏感なLCDの特性上、火災鎮火および煙除去作業が終わった後、倉庫に隣接した生産ラインの一部設備に対して精密整備を行いLCD生産には支障がないと付け加えた。サムスンディスプレイはサムスン電子(1,347,000ウォン6000 0.5%)LCD事業部とサムスンモバイルディスプレイ(SMD)が合併して今年4月にスタートした会社だ。


訳の補足。
全体的に意訳しました。そのままだと読みにくいので。
翻訳は、機械翻訳です。

火災があった場所は倉庫とのこと。
製品に影響は無いとのことですが、なんか怖いですよね。あと、生産ラインも。

ちなみに、生産品目は、TV用、モバイル用、タブレット用、ノートPC用、モニター用、DID用です。
ようするに主要品ほとんどです。ここがSamsung Displayの主力工場ですから、当たり前です。

人的被害がなかったのが幸いでしたね。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。