内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ジャパンディスプレイ – 10.1型、WUXGA(1920x1200)の液晶パネル量産

ジャパンディスプレイが10.1型、WUXGA(1920×1200)の液晶パネルの量産を開始しました。

以下、プレスリリースを引用します。


タブレット用 液晶ディスプレイのラインナップ拡充

- ULMT®シリーズ 10.1型の量産開始 -

jdi_10_9_7-LCD.jpg

株式会社ジャパンディスプレイ(社長:大塚周一)は、ULMT®シリーズ※1として 多くのお客様に新しいモバイルツールを供給するため 7.0型(対角17.8cm)WXGA(800x1280 pixel)、9.0型(対角22.9cm)WXGA(800x1280 pixel)、10.1型(対角25.7cm)WUXGA(1920x1200 pixel) といった タブレット用 液晶ディスプレイモジュールのラインナップを整えます。既に2月から量産供給している7.0型に加え、10月より 10.1型の量産を開始しました。9.0型は、サンプル段階です。

10.1型タブレット用 液晶ディスプレイモジュールは、広視野角液晶技術を用い、さまざまな向きから見ても、快適な美しい画面を提供します(IPS®※2)。また、最新のスマートフォン用の液晶ディスプレイモジュールでの設計を反映し、厚さ2.14mm、重さ130gとしており、薄く軽く美しいタブレットの実現に寄与します。また、必要に応じパネル部分の外部調達体制も整え、安定供給に対応します。

※1 ULMT® : Ultra Light Media Tabletの略称で、株式会社ジャパンディスプレイの登録商標です。

※2 IPS® : In Plane Switching液晶の日本における株式会社ジャパンディスプレイイーストの登録商標です。

【10.1型の主な仕様】

画面サイズ 対角25.7cm(10.1型)
画素数 1920×RGB×1200
コントラスト比 800:1
視野角(コントラスト比10以上) 178度
厚さ 2.14mm
重量 130g

これらのパネルは、10月31日から11月2日までパシフィコ横浜で開催される「FPD International 2012」に出展いたします。


画像は真ん中が10.1型、左が9型、右が7型です。

10.1型サイズですから、タブレット向け主でしょう。ノートPCに搭載されるかな?
最近、この手のサイズのIPSパネルが増えています。13型IPSパネルとか。ASUSのIPS搭載ノートPC「UX31A、UX21A」とかです。これはCMIが供給しているみたいです。
この流れは、AppleのIPSパネルの採用からでしょう。前までは考えられないことですが。
画質を気にするユーザーに取っては喜ばしいことです。

この10.1型パネルは、IPS方式が採用されています。 当然ですが、広視野角です。
それ以外では、厚さが2.14mmと薄く、重さも130gと軽量です。輝度や色域は不明ですが、標準ぐらいだと思われます。

7型(WXGA:800×1280)は、2月から量産してたんですね。ということは、ジャパンディスプレイが操業する前ですか。
どこが製造していたのでしょうね。
9型(WXGA:800×1280)はサンプルだそうで、今後の受注で量産するか決まるのでしょう。

パネルの外部調達が気になります。いったいどこに依頼するのか。
日立ディスプレイズはCMIに依頼してましたね。東芝とソニーは知りません。

IPSの登録商標は、元は日立ディスプレイズのものでしたが、統合でどうなっているか疑問でした。まぁ、商標を調べれば出てくるでしょうけど。
今回注釈で書いてある通り、ジャパンディスプレイイーストに変更されていました。

イーストについてですが、ジャパンディスプレイは生産拠点で名称を変えています。

  • ジャパンディスプレイセントラル
  • ジャパンディスプレイイースト
  • ジャパンディスプレイウェスト

あと海外拠点が4つあります。

  • Kaohsing Optp-ElectronicsInc.(高雄/台湾)
  • Suzhou JDI Devices Inc.(蘇州/中国)
  • Suzhou JDI Electoronics Inc.(蘇州/中国)
  • Shenzen JDI Inc.(深セン/中国)

セントラルは能美工場、石川工場、深谷工場、イーストは茂原工場、ウェストは鳥取工場、東浦工場になります。

工場の場所で括っているみたいに見えませんか?
ですが、元の3社別だと、能美工場、深谷工場、石川工場は東芝モバイルディスプレイ、茂原工場は日立ディスプレイズ、鳥取工場、東浦工場はソニーモバイルディスプレイになります。
場所ではなく、元の会社別で分けてあるのです。場所で分けているとしたら色々とおかしいです。
ジャパンディスプレイHPにある国内拠点のページに地図が載っているので、見て下さい。おかしいのが分かりますから。

  ジャパンディスプレイセントラル ジャパンディスプレイイースト ジャパンディスプレイウェスト
工場名 ・能美工場
・石川工場
・深谷工場
・茂原工場 ・鳥取工場
・東浦工場
元会社 東芝モバイルディスプレイ 日立ディスプレイズ ソニーモバイルディスプレイ
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。