内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Sharp - XL9ラインシリーズ

更新
2013年09月01日(日)

シャープが3D対応、UV2Aクアトロン搭載のXL9シリーズを発表しました。

以下、リリースを引用します。


外光の映り込みを抑え、艶やかで深い黒を再現する“モスアイ®パネル※1”を採用

液晶テレビ“AQUOS クアトロン 3D”XLシリーズ5機種を発売

シャープは、外光の映り込みを抑え、艶やかで深い黒を再現する「モスアイ®パネル※1」を採用した液晶テレビ“AQUOS クアトロン 3D”XLシリーズ5機種を発売します。色表現力を高める「4原色※2技術」を際立たせ、フラグシップモデルにふさわしい高画質を実現します。

本機に採用した「モスアイ®パネル※1」は、パネル表面のナノ単位の微細突起が外光の反射を抑えることで、テレビコントラスト※31,000万:1を実現。明るいお部屋の中でも、艶やかで深い黒を再現します。また、映像シーンに合わせて約829万個※4のサブピクセルで色表現する「4原色※2技術」の色鮮やかさを際立たせ、高品位で臨場感のある映像をお楽しみいただけます。

音質面では、3ウェイ5スピーカーの「2.1chフロントサウンド」音声システムを搭載。迫力のある高音質とともに「新・AudioEngine™ ※5」音声LSIにより、クリアで聞きとりやすい音声を再現します。

また、テレビ放送とネット情報※6をわかりやすく一覧表示する「ビジュアル モーションガイド」で、気になる番組を簡単に見つけることができます。おすすめの番組や暮らしに役立つネットサービス※6など、今まで気付かなかったコンテンツを発見することで、テレビの新しい楽しみ方を提案します。

当社は、今後もテレビの本質である高画質・高音質と、放送とネットワークサービスを融合させたスマート機能の充実を図り、“AQUOS クアトロン 3D”のステージを更に高めてまいります。

品名 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
愛称 AQUOS クアトロン3D
刑名 LC-80XL9 LC-70XL9 LC-60XL9 LC-52XL9 LC-46XL9
希望小売価格 オープン
発売日 12月15日 11月30日 12月15日
当初月産台数 10,000台

主な特長

1.外光の映り込みを抑え、艶やかで深い黒を再現する「モスアイ®パネル※1」を採用

2.色の表現力を高める「829万※4サブピクセル」駆動システム採用の「4原色※2技術」液晶

3.迫力のある高音質を再現する「2.1chフロントサウンド」音声システムを搭載

4.テレビ放送とネット情報※6を一覧表示し、気になる番組を簡単に選べる「ビジュアル モーションガイド」を搭載

※1 モスアイ®は、大日本印刷株式会社の商標または登録商標です。

※2 4原色とは、当社独自のディスプレイ上の色再現の仕組みであり、色や光の3原色とは異なります。

※3 テレビセットとして表現できるコントラスト。(30%白ウインドウ信号での画面最大輝度と全黒信号での画面最小輝度の比。AVポジション「ダイナミック」時。)

※4 4原色表示は約829万個(1,920×1,080×4)のサブピクセル数。(3原色表示は約622万個)

※5 AudioEngine™は、ヤマハ株式会社の商標です。

※6 インターネットサービスの使用には、ブロードバンド回線や各種設定が必要です。


XL9にはモスアイパネルが搭載されてます。これは、液晶パネルの表面処理フィルムに特殊な物が使用されています。
モスアイは、パネルの反射を抑えながら、グレア処理のようにクッキリした表示を可能にします。グレア処理とノングレア処理の良い所取りをした様な物です。
ただ、特殊なフィルムのためかお手入れには気を使うようで、間違った手入れをするとこの効果を失ってしまいます。

2012/12/17追記;お手入れについてのアクセスがたまにあるので追記しときます。

液晶パネル表面を拭く場合は、ティッシュ(ウェット含む)を使わず、柔らかい布などを使用して拭きます。専用品かメガネのレンズを拭く布みたいなのがベターです。

液晶パネル表面の汚れ(指紋など)を落としたい場合は、水で薄めた中性洗剤に柔らかい布を浸し、よく絞って(適当に絞ると故障の原因です)から軽くふき取って下さい(ゴシゴシと力を入れるのはNG)。その後、柔らかい布で水拭きして液晶パネル表面の洗剤を落とします。最後に乾拭きします。

ティッシュは見た目以上に硬い成分があるため、液晶パネル表面を傷つける原因になり、低反射効果が薄れる、または無くなる可能性があります。

中性洗剤や柔らかい布が分からない、自分で準備するのに不安がある場合は、Sharpが専用品を販売しているので、これを使った方が良いと思います。型番:CA300CK

2012/09/01再追記;
モスアイパネル専用のクリーニングキット「CA330CK」が発売されました(ています)。
また、シャープHPにて“薄めた中世洗剤を使った場合”の掃除方法と、 “CA330CK”を使用したお手入れ方法が動画(YouTube)にて公開されています。

このフィルムの開発はシャープと大日本印刷(子会社のDNPファインケミカル)が共同で行い、製造は大日本印刷(同じくDNPファインケミカル)が行なっています。モスアイは「大日本印刷株式会社」の商標です。

サイズは80型、70型、60型、52型、46型と大サイズ勢ぞろいです。
この手のハイエンド液晶パネルは、大サイズのみが多いですが(60型以上とか)、52型/46型もラインアップされています。

パネル方式はVA方式のUV2A技術が使用され、更に4原色であるクアトロン技術も搭載されています。
また、使用されるUV2Aパネルは「ハイスピードUV2A」であり、通常のUV2Aの応答速度4ms(GtG)を超える応答速度3ms(GtG)を達成しています。

モスアイを実際に見たことはないですが、写真をみるだけでも効果は実感できます。
早く実機を見たいです。ただ、見て欲しくなってしまわないか心配ですw。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。