内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ジャパンディスプレイ - イノベーションビークル

ジャパンディスプレイが統合した3社の最新技術を結集した製品を開発しました。


"イノベーションビークル" 最先端ディスプレイの開発

- 技術開発のリード役 統合3社の最新技術を結集 -

株式会社ジャパンディスプレイ(社長:大塚周一)は、統合3社の最新技術を結集して、スマートフォン向け、タブレット向け、車載向けの3種類のイノベーションビークルを開発しました。イノベーションビークルとは、技術開発をリードするための最先端ディスプレイで、お客様とジャパンディスプレイの最新技術をつなぐ架け橋の役目を担っています。

スマートフォン向けイノベーションビークルは、LTPS採用の対角5型Full-HD、438ppi※1の高精細パネルで、新型IPSによる高コントラスト(コントラスト比 2000:1)、RGBW画素採用による省電力(バックライト電力が従来パネル比半分)※2、薄型(モジュール厚さ:1mm、カバーガラスを除く)、狭額縁(1mm)、タッチパネル機能内蔵など、最先端のモバイル性能を一つのパネル上に実現しています。タブレット向けイノベーションビークルは、一回り大きい対角7型WQXGA、431ppiの高精細モバイル用ディスプレイです。
車載向けイノベーションビークルは、対角12.2型、1920x720画素で、黒が美しい新型IPS、ディスプレイの形を自由にするコーナーラウンドカットと曲面フォルム、さらに、低消費電力※2、タッチパネル機能内蔵など、次世代自動車でのディスプレイに求められる機能を実現しました。

これらのパネルは、10月31日から11月2日までパシフィコ横浜で開催される「FPD International 2012」に出展いたします。

※1 ppi(pixel per inch)は1インチあたりの画素数

※2 白画面での当社従来モデルとのバックライト消費電力の比較。当社試験結果による。


スマホ向けは、5型、FHD(1080×1920)、精細度438ppi、インセル方式のパネルです。
高精細化技術は東芝モバイル、RGBWはソニーモバイルディスプレイ、新型IPSは日立ディスプレイズの技術だと思われます。
薄型や狭額縁は3社とも同じように研究、開発していた覚えがあります。インセルも3社とも開発してましたが、製品化したのがソニーが初です。

ダブレット向けは、7型、WQXGA(2560×1600)、精細度431ppiのパネルです。
こちらも薄型(モジュール厚は1.3mm)、狭額縁(1.5mm)、新型IPSによる高コントラスト比(2000:1)、RGBW画素採用による省電力(バックライト電力が従来パネル比半分)を達成しています。

車載向けは12.2型、1920×720、新型IPS、省電力(従来より約50%オフ)を達成しています。
記載されていませんが、高い耐環境性能を備えていると思われます。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。