IO DATA - LCD-MF271CGBR - スポンサー広告I-O DATA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IO DATA - LCD-MF271CGBR

IO DATAが27型、2560×1440、IPS+LEDのモニターを発売します。

パネルにはIPSパネルが使用され、表面処理はグレア(光沢)です。輝度が高く、420cd/m2です。これだけ高いと低輝度にするのは難しいかもしれません。

使用されているパネルは、おそらくLG DisplayのIPSです。ただし、最新のAH-IPSではなく、S-IPSだと思われます。 推測が当たっているなら、おそらくiMacの27型に採用されていたパネルと同じ物かもしれません。こちらも光沢仕様です。 もしかしたら、iMacが新しくなるため、生産余剰品を安く手に入れたのかもしれません。

映像端子は、D-sub、DVI-D、HDMI、DisplayPortの4種類。iiyamaの様に、HDMIを捨てるという判断はしなかったみたいです。 音声入力(ステレオミニ)、出力(ヘッドフォン)を備え、スピーカー(2W×2)もあります。

スタンドはチルトのみ、高さ調節、スイーベル、ピボットには対応していません。 VESAマウント(アームマウント)にはVESA規格100mm×100mmで対応。

消費電力は、最近の機種にしては高く、最大で119W、通常時でも60.7Wです。 まぁこれは、最近のパネルの効率が良すぎるのでしょうがないです。 消費電力が高いためか、後部部分の空気穴が非常に多いです。上に開いているので、埃が入りやすそうです(上に開けるのは暑い空気が上に昇るため)。これだけたくさん開けているところを見るとファンは搭載していないのかもしれません。

ID DATAモニターではよく使われる超解像技術、美解像の機能はなく、ダイナミックコントラスト機能もありません。

価格はオープンで、10月下旬より出荷が開始されます。

関連記事

Tag:液晶モニター I-O_DATA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。