内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ASUS - PB278Q、PA248QJ、VG27AH

ASUSが液晶モニターを10機種発売します。

いつもどおり仕様を引用しますが、IPS機のみです。

型番 PB278Q PA248QJ VG27AH
サイズ 27型(対角68.58cm) 24.1型(対角61.21cm) 27型(対角68.58cm)
パネル 方式 PLS(IPS) IPS IPS
バックライト LED LED LED
表面処理 ノングレア ノングレア ノングレア
表示画素数 2,560×1,440(16:9) 1,920×1,200(16:10) 1,920×1,080(16:9)
画素ピッチ 0.233mm 0.27mm 0.311mm
精細度 108ppi 94ppi 83ppi
視野角 上下左右178度 上下左右178度 上下左右178度
輝度 300cd/m2 300cd/m2 250cd/m2
コントラスト比 ネイティブ 1,000:1 1,000:1 1,000:1
ダイナミック 80,000,000:1 80,000,000:1 80,000,000:1
応答速度 黒→白 不明 不明 不明
オーバードライブ時 5ms(GtG) 6ms(GtG) 5ms(GtG)
スピーカー 3W×2 なし 3W×2
電源 (内蔵?) (内蔵?) (内蔵?)
端子 入力 ・D-sub
・DVI-D
・HDMI ver1.4(HDCP対応)
・DisplayPort1.2(HDCP対応)
・音声端子(ステレオミニ)
・D-sub
・DVI-D
・HDMI ver1.3(HDCP対応)
・DisplayPort(HDCP対応)
・D-sub
・DVI-D
・HDMI ver1.4×2(HDCP対応)
・音声端子(ステレオミニ)
出力 ・音声端子(ステレオミニ) - ・音声端子(ステレオミニ)
USB端子 - 1up/4down(USB 3.0) -
スタンド チルト -5度/20度 -5度/20度 -5度/20度
高さ調節 対応(120mm) 対応(100mm) 対応(100mm)
スイーベル 対応(左右60度) 対応(左右60度) 対応(左右150度)
ピボット 対応(時計回り) 対応(時計回り) 非対応
VESAマウント 対応(100mm×100mm) 対応(100mm×100mm) 対応(100mm×100mm)
消費電力 最大 60W以下 75W以下 65W以下
標準 不明 不明 不明
待機 0.5W以下 1W以下 1W以下
外形寸法(mm) パネル部 不明 不明 不明
パネル+スタンド 643×552.3×218 557.2×416.3×235 643×437.8×249.7
重量 パネル部 不明 不明 不明
パネル+スタンド 8.8kg 6.4kg 8.2kg
主な機能   ・PIP
・10bit LUT
・偏光方式3D
主な付属品 ・D-subケーブル
・DVI-Dケーブル
・HDMIケーブル
・DisplayPortケーブル
・オーディオケーブル
・D-subケーブル
・DVI-Dケーブル
・HDMIケーブル
・DisplayPortケーブル
・Spyder4 Express
・遮光フード
・D-subケーブル
・DVI-Dケーブル
・オーディオケーブル
・3Dメガネ(メガネタイプ)
・3Dメガネ(クリップタイプ)

PB278Q

27型のPB278Qは画素数2560×1440のPLSパネルを採用したモデルです。
PLSはSamsung Displayが開発したパネルで、IPSの派生であるFFS技術のSamsung Display版みたいなもので、IPSの同じで広い視野角を持っています。LGのIPSパネルとは異なり、表面処理が綺麗でギラツキが少ないパネルでもあります。

おそらく、27型PLSでサムスン以外での機種では日本発になるのでは?(海外ではフィリップスが使っていた覚えがありますが、日本では未発売です)
同じ27型PLSを採用したモニターではサムスン電子の「SA850シリーズ(当ブログ記事)」と「B970シリーズ(当ブログ記事)」があります(B970は日本未発売)。

ナナオがAdobe RGBの色領域に対応したPLSパネル搭載機を発売していますが、これはsRGBの色領域に対応したパネルになります。

映像端子は、DisplayPort1.2、HDMI ver1.4、DVI-D、D-subと現在使われている主要な端子は備えています。
このモニターの画素数は2560×1440です。なので、DVI端子で接続する場合、Dual-Linkに対応したDVI-Dで接続しないとこの解像度では表示できないので、注意が必要です。まあ、付属品を使えば問題ないのですけど。

スピーカーは3W×2の備え、音声はステレオミニにより入力、出力ともに出来ます。

スタンドは、高性能なもので、チルト、スイーベル、高さ調節、ピボットに対応して、VESAマウント(アーム)にはVESA規格で100mm×100mmに対応しています。

付属品にはこのモニターで使用できる端子のケーブルが全て(DisplayPort、HDMI、DVI-D、D-sub)同封されいます。

このモニターはZBD保障の対象製品ですので、輝点が1つ以上か黒点が5つ以上あった場合、液晶パネルを無償で交換してもらえます(購入日から1年間)。輝点は常に光っているドットのこと、黒点は光っていなければいけないのに、光っていないドットを指します。
PLSはドット欠けが多いようなので、この保障はありがたいですね。

発売日は2012年10月8日です。

PA248QJ

24型、IPSパネル、1920×1200のWUXGAに対応したモデルで、グラフィック用途向けのモデルです。ただし、色領域はsRGBで、Adobe RGBには対応していません。

PB278Qとは違い、使用されているパネルが明言されておらず、ただIPSとだけになっています。
おそらく、LG DisplayのAH-IPSだと思われます。Samsung DisplayもPLSでこのサイズを作っていますが、PLSなら明記されているでしょう。

映像端子は、DisplayPort1.2、HDMI ver1.4、DVI-D、D-subと現在使われている主要な端子は備えています。
ただ、仕様には「付属のHDMI-DVI変換ケーブルをHDMI端子に接続することで、DVI-Dでの入力が可能となります。」とあるので、DVI-D端子は備わっていないかもしれませんが、付属品には変換ケーブルのことは書かれていませんので、よく分かりません。

スタンドは、高性能なもので、チルト、スイーベル、高さ調節、ピボットに対応して、VESAマウント(アーム)にはVESA規格で100mm×100mmに対応しています。

キャリブレーションセンサーの「Spyder4 Express」が付属されています。ハードウェアキャリブレーションに対応しているかは分かりませんが、10bit-LUTに対応していますので、ハードウェアキャリブレーションは可能かもしれません。
遮光フードも付属しています。

このモニターはZBD保障の対象製品ですので、輝点が1つ以上か黒点が5つ以上あった場合、液晶パネルを無償で交換してもらえます(購入日から1年間)。輝点は常に光っているドットのこと、黒点は光っていなければいけないのに、光っていないドットを指します。

発売日は2012年10月20日です。

VG27AH

27型、IPSパネル、1920×1080で、偏光方式の3Dに対応したモデルです。

IPSパネルはLG DisplayのAH-IPSだと思われます。仕様での表面処理はノングレアとなっていますが、このパネルは偏光方式の3Dに対応しているので、少し光沢を持ったものになっていると思われます。

映像端子は、HDMI ver1.4×2、DVI-D、D-subと最近流行りのHDMI端子2系統を搭載いています。。
ただ、仕様には「付属のHDMI-DVI変換ケーブルをHDMI端子に接続することで、DVI-Dでの入力が可能となります。」とあるので、DVI-D端子は備わっていないかもしれませんが、付属品には変換ケーブルのことは書かれていませんので、よく分かりません。

この手のモデルにしてはスタンドが高性能なもので、チルト、スイーベル、高さ調節に対応して、VESAマウント(アーム)にはVESA規格で100mm×100mmに対応しています。

このモニターはZBD保障の対象製品ですので、輝点が1つ以上か黒点が5つ以上あった場合、液晶パネルを無償で交換してもらえます(購入日から1年間)。輝点は常に光っているドットのこと、黒点は光っていなければいけないのに、光っていないドットを指します。

発売日は2012年10月20日です。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。