内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Sharp - 5型フルHDの液晶パネル生産開始

シャープが5型、フルHDの液晶パネルの生産を開始しました。

シャープニュースリリースより


スマートフォン向けで世界最高レベルの画素密度※1を実現
5型フルHD液晶パネルを生産開始

シャープは、スマートフォン向けで世界最高レベルの画素密度を実現した5型フルHD (1,080×1,920ドット)液晶パネルの生産を、9月末から三重第3工場でスタートしました。10月から本格的な生産を開始します。

本液晶パネルは、CGシリコン技術※2を採用し、新規の画素設計や生産プロセスの革新などにより、一般的なフルハイビジョン液晶テレビと同等の画素数をスマートフォンの画面サイズで実現しました。従来の液晶パネル※3に比べて約1.3倍の画素密度で表示できるので、なめらかな文字表示や鮮明な地図表示、リアリティ溢れるフルHDの映像表示が可能です。

世界的に需要が拡大しているスマートフォンに向けて高精細液晶パネルを供給し、スマートフォンの高画質化に貢献してまいります。

■ 液晶パネルの仕様

画面サイズ 5型
画素数 1,080×1,920(フルHD)
画素密度 443ppi
用途 スマートフォン

本液晶パネルは、「CEATEC JAPAN 2012」(場所:幕張メッセ、開催日:10月2日(火)~10月6日(土))のシャープブースに出品いたします。

※1 2012年10月1日現在、当社調べ。
※2 株式会社 半導体エネルギー研究所(本社:神奈川県厚木市、代表取締役:山﨑舜平)と共同開発。
※3 当社製の4.3型HD(1,280×720ドット、342ppi)。


高精細化大流行!
こうなるのは目に見えていたことですが、しっかし、このサイズでフルHDですか。すごいことです。
日本人の手的には、5型はちょっと大きいかもしれないですが。

生産は三重第3工場で行われます。亀山第1ではないようですね。
第1はリンゴさん専用なのか、それとも大基板での製造がシャープにとって余程トラウマになったのか。

冗談はさておき。これは当初から決まっていたことでしょうね。トラウマとか関係なく。第4世代の基板サイズでも十分な数は取れますから。

シャープ=IGZOと、最近取り上げられていますが、これはCGシリコンです。というか、某リンゴさんのスマホもこれだと思われます。
正直言って、非結晶性IGZOでは生産しないでしょう。結晶性IGZOなら別でしょうが、まだこれは量産できないのでは?

海外モデルで5型とかちらほら出ているので、これ用ですかね。
一つ気になるのが、タッチセンサーです。アウトなのかインなのか。おそらくアウトの方だと思いますが、インの薄さもメーカーにとっては魅力的だと思います。

画素ピッチは0.05mmぐらいですか? 小さいですね。
しかし、上に上がいて、0.039mmというパネルもあります。精細度は651ppi。ジャパンディスプレイのパネルです。

これからますます高精細化が進むことになります。
ただ個人的には、そのうち人間では識別不可能な領域に踏み込んでカタログスペックだけの製品に成り下がらないか、心配ではあります。無用なスペックを求めて、ユーザーの求めるものから遠ざかったり。
同じ様な失敗はして欲しくないですね。シャープや日本メーカーには。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。