内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Sharp - iPhone5用液晶パネル出荷遅延

ロイターによると、シャープが次期iPhone液晶パネルの出荷に遅れているとこと。

REUTERS - Sharp's output of new iPhone displays lagging -source

REUTERS - シャープ、次期iPhone用パネルの量産出荷に遅れ=関係筋

亀山第1工場で製産されていると言われている新型iPhone用液晶パネルの出荷が遅れています。この前の業績発表では「8月中」と言っていましたが、9月にずれ込むことになります。

「なぜ、今回出荷が遅れているのか?」
これはイン・セル方式の液晶パネルのためだと思います。
イン・セル技術は、タッチパネル部を液晶パネルに内蔵することです。なので、イン・セルと言います。
今までのは液晶パネルの上に貼り付けていました。iPhoneだと静電容量式というタッチパネルです。
まあ、第8世代なので、これだけでも大変だと思いますし、これにIGZOまで使用されていると更に大変でしょうね。

今月12日に新型iPhone(iPhone5?)が発表されると言われています。
シャープは現状の歩留まりでは損失が発生するため、量産に移りたくなく、アップルは発売時期をずらしたくないらしく、これで発生する損失を補填する計画をしているみたいです。
現状シャープは少量出荷は行っているようで、近く本格量産を開始するようです。

しかし、この記事で意外(失礼ですね)なのがジャパンディスプレイだけが量産を行っているということ。
まあ、ジャパンディスプレイの今後を決める仕事ですから、かなり気合入れて準備したんでしょうね。

「で、LG Displayは?」

シャープ、ジャパンディスプレイ、LG Displayが供給するようですが、この中で量産しているのは先述したとおりジャンディスプレイのみ。
LGはどうなんでしょうねー

ちょっと疑問なのが、シャープはIGZOを使うのかと、他の2社は従来どおりLTPSで生産するのかということ。
現状、IGZOの量産はシャープだけのはずです。LG Displayは今年中に準備する目標があるようですが、詳しいことは不明。

個人的な憶測ですが、シャープは亀山第1工場で、おそらく第6世代による生産だと思います。
大型基板LTPSの生産は大変です。従来のa-Siだと開口率の低下を招くため、高精細には向いていません。
こうなると、IGZOしか残りません。亀山第2工場では第8世代による生産が行われています。
ですが、大型基板での小型パネルの生産は逆に効率が落ちるそうです。もしかしたら、アップル用のラインは第6世代などサイズを落としてLTPSで生産しているかもしれません。LTPSには、CGシリコンを採用しているかも。

ジャパンディスプレイが意外にも量産しているのは、液晶パネルメーカー3社が合併したおかげでしょう。
高精細は東芝モバイルディスプレイが651ppiを実現、IPS技術は日立ディスプレイが世界に先駆けて開発、製品化、量産化、イン・セル技術はソニーモバイルディスプレイが世界初(だったはず)です。うる覚えですが、イン・セルは3社とも持っていた記憶があります。ただソニーが世界初だったような気がします。
ようするに、アップルが求めている「IPSの高品質な表示能力」、「高精細」、「イン・セル技術」という要求を、それらにおいて世界トップクラスの技術を有するメーカーが製品化している訳です。

ジャパンディスプレイは、パナソニックから加茂工場を譲渡されました。
この工場は第6世代です。この工場で生産しているのでしょうか。それともいままでの工場で別々に生産中なのか。
中の人によるとLTPSによる製造プロセスを固めると最近言っていたので、まだこの工場では生産を行っていないかもしれませんが、固まっているかもしれません。

そして、まだ出荷をしていないらしいLG Display。
ここもどうなんでしょうね。高精細関係は問題ないでしょう。iPhone4(S)のパネル生産元ですし。
問題はイン・セル技術でしょうね。LG Displayのイン・セル技術の製造についてまったく知らないので、言及はここまでにします。

初期ロットはジャパンディスプレイに当たる可能性が大きいことになりますね。生産が進めばおみくじ状態でしょうけど。
見分ける方法とかあるのかなー。まあ実機(モック)見て方法を見つけても、それを選択する権利は消費者にはなさそうですがw

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。