内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

レビュー - 山田照明デスクライト「Z-58」

デスクライトを新調しました。購入したのは山田照明の「Z-58」です。
ではレビューをお送りします。

山田照明 - Z-58

主な仕様は以下のとおり。

製品名 Z-58
カラー ホワイト/シルバー/ブラック
光源 LED:5000k昼白色(白熱灯60W相当)
消費電力 9.6W
重量 1.0kg
電源コード長 1.8m

本体と動作

しっかりした作りのため、スムーズに動きます。
固定したい場所にピタッと止まります。実際グイグイ動かしてみましたが、稼動範囲では止めたところで止まります。すばらしいです。

フレームはアルミで頑丈です。プラステック製に比べたら雲泥の差です。
動かしている時もきしむ音もありません。ただ、たまにスプリングがわずかに音を立てます。
ライト部分はプラスティクですので、フレームに比べると強度は少し低く感じますが、安いライトとは差があります。

ライト部分は水平と上下方向に動かすことが出来ます。
水平は簡単に動かすことができますが、上下方向はロックするレバー緩めないと動かす事が出来ません。
ライト部分のみを回転させることもでき、90度回転させることができます。
下画像を見ると結構凄いことになっていることが分かると思います。

z58_5.jpg

机と固定するクランプと本体は分離します。
本体とクランプの固定はがっしりされるわけではなく、ただ挿すだけですので、動かしたとき、特に持ち上げたときにすこしガタつきを感じます。

クランプはかなり厚みのあるものも挟めます。仕様では55mmまで。

z58_1.jpg

クランプ部分で机の上側に当たる部分には、傷が付かないようにシートが張ってありますが、下部分は何もありません。

z58_2.jpg

クランプが使えない場合は別売りのベースがあるので、それを使用することもできます。対応品はZ-58のページにあります。

ライト部分

光源はLEDです。12個付いてます(写真を撮りたかったのですが、曇りガラスですのでうまく撮れなかったorz)。小さい物ですが、かなり明るいです。白熱灯60W相当ですから十分です。
最大でライト部分を直接見ると某大佐みたいに「目が、目がぁー」となります。
公式HP仕様で、照度データがありますが、実際こんな感じです。といっても測定に使ったのがLogicoolのK750なんであまり当てにしない下さい。

電源ボタンはライト部分右上に一つあります。

z58_4.jpg

無段階調光です。自分の好きな明るさに調整することが出来ます。
そして、この明るさは「ラストメモリー機能」により再現されるので、付けた時に再調整する必要はありません。

LEDが12個ですので、影が複数できます。

z58_6.jpg

点灯時は所定の明るさまでゆっくりと付き、消灯時もゆっくり消灯します。点灯時の方が速く、消灯時の方がゆっくりです。
実際、点灯する時はすぐに明るくなって欲しいですし、消灯はゆっくりでいいので、このくらいの時間がベストだと思います。個人的にもこの消灯時のじょじょに暗くなっていくのが好きです。

良くない点

明るさは無段階調光です。調節は実際に目で見て行うので、常に同じ明るさに調整するこは難しいです。
また、プリセットが存在しません。50%や70%ぐらいの初期設定があると更に便利かも。

色温度は5000kです。暖色系の色にはなりません。
これのおそらく上位に当たる機種の「Z-80」では明るさに合わせて色温度が連動します。

ライトを交換できないこと。これは仕様上しょうがないですけど。

影がやはり不自然です。「Z-80」では、かなり自然は影を再現できるそうです。「Z-80」の製品ページで写真が見れます。

電源のケーブルですが、プラグ部分が膨らんでいるので、タップの種類によっては干渉するかも。

地味に良かった点

梱包です。無駄なスペースが無く、コンパクトなダンボールです。持ち運びも楽です。
過剰梱包が多い中、素晴らしい梱包だと思います。

本体とクランプ部分が分離しているので、固定するときに重たいライト部分を持ちながら固定しなくても良かった。
そして本体と電源ケーブルも分離しているので、配線や移動させるときは便利です。

組み立てはスプリングを2本付けるだけです。特に苦労はありません。

こういう小さい点に行き届いている配慮は素晴らしいです。

まとめ

デスクライトとしては高い部類に入るのかな? 1万円ぐらいです。

カラーは3色あるので、自分のデスクに合った物を選べるのも良いと思います。
私はホワイトにしました。くすんでなく、綺麗な白で、塗装もムラなく綺麗です。

何度か上げた「Z-80」か迷いましたが、そこまで高機能でなくても、ということで「Z-58」にしました。
個人的には大満足です。ただここまで良いと「Z-80」は?となってしまいそうですw

もっと高性能な「Z-80」。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。