内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

LG電子 - 「IPS277L-BN」「IPS237L-BN」

LG電子が狭額縁ベゼル、IPS+LEDのモニターを発売します。

以下、仕様引用。

型番 IPS237L-BN IPS277L-BN
サイズ 23 27
パネル 方式 IPS(AH-IPS) IPS(AH-IPS)
バックライト LED LED
表面処理 不明 不明
表示画素数 1920×1080 1920×1080
画素ピッチ 0.265mm 0.311mm
視野角 上下左右178度 上下左右178度
コントラスト比 ネイティブ 1,000:1 1,000:1
ダイナミック 5,000,000:1 5,000,000:1
応答速度 オーバードライブ時 5ms(GtG) 5ms(GtG)
色数 1670万色 1670万色
端子 ・D-sub
・HDMI×2
・ヘッドフォン端子?
・D-sub
・HDMI×2
・ヘッドフォン端子?
電源 内蔵 内蔵
スピーカー 不明 不明
VESAマウント 非対応 非対応
チルト -5/20 -5/20
消費電力 通常 29W 31W
待機 0.5W以下 0.5W以下
外形寸法(幅×高×奥mm) 533×399.2×151.1 623×449.3×168.4
重量 3.6kg 5.3kg
主な付属品 ・D-subケーブル
・MHLケーブル
・D-subケーブル
・MHLケーブル

23型と27型です。

パネルには、高透過率のIPSパネルが使用されています。AH-IPSでしょう。

この製品での一番売りは、なんと言っても狭額ベゼルです。なんと1.2mmです。
ただ、液晶パネルには非表示エリアというものがあり、それはこの数値には入っていません。
目の前に液晶モニターがある人は見て欲しいのですが、液晶パネルで表示されている部分とベゼルとの間になにも表示されていない部分があると思います。これが非表示エリアです。

この機種の非表示の数値は、「IPS277L-BN」は左右側、上部で10.2mm、「IPS237L-BN」は左右側、上部で9.6mmです。

ここまで細いと複数モニターでゲームしている人には、最適はモニターだと思います。特に3画面を並べている人なんかは。
ただ、残念なことにモニターアームなどには対応していません。これは痛いですね。対応していれば最高でした。

そしてDVI端子がなく、D-subがあります。なんで、DVIより、D-subが優先されるのか疑問です。これはこのモニターに限ったことではないですが。
HDMIが2つあり、内1つがMHLに対応しています。MHLは「Mobile High-Definition Link」の略で、この規格に対応しているスマートフォンからこのモニターに映像を出力できます。また充電も可能です。

少し前には、同じく高透過率のIPSパネル(AH-IPS)を使用した偏光方式の3D対応モニターが発売されています。こちらは通常のベゼルです。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。