内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ナナオ - Smart monitor「FS2333」

ナナオが少し前から予告していた「スマートモニター」の詳細が発表されました。

以下、仕様を引用します。

型番 FS2333 RDT234WX(BK)(参考)
サイズ 23 23
パネル 方式 IPS IPS
バックライト LED 白色LED
表面処理 ノングレア ノングレア
解像度 1920×1080(16:9) 1920×1080(16:9)
応答速度 標準 - 11ms(GtG)
オーバードライブ 3.4ms(GtG) 1:6.2ms(GtG)/2:3.5ms(GtG)
画素ピッチ 0.2655mm 0.265mm
視野角 上下左右178度(コントラスト比10:1) 上下左右178度(コントラスト比10:1)
コントラスト比 ネイティブ 1000:1 1000:1
ダイナミック 5000:1 8000:1
輝度 250cd/m2(標準) 250cd/m2(標準)
電源 内蔵 内蔵
スピーカー 500mW×500mW(ステレオ) 2W×2W(ステレオ)
端子 入力

・HDMI×2(HDCP対応)
・DVI-D(HDCP対応)
・D-sub
音声入力(ステレオミニ)

・HDMI×2(HDCP対応)
・DVI-D(HDCP対応)
・D-sub
・D端子(D5)
・音声入力(ステレオミニ)
・音声入力(RCA)
出力 ・ヘッドフォン端子
・ステレオミニ
・ヘッドフォン端子
消費電力 標準 42W 35W
通常 22W 19.6W
スリープ 0.4W以下 0.8W以下
オフ 0.3W以下 0.5W以下
VESAマウント 100×100mm 100×100mm
チルト 25度 -5/20
高さ調整 対応(60mm) ブロックにより可能(1段15mm×3)
スイーベル 対応(右172度/左172度) 非対応
寸法(mm) パネル部 幅545×高348.5×奥54 幅545×高348×奥39
パネル部+スタンド 幅545×高390~450×奥200 幅545×高394×奥170
重量 パネル部 4.2kg 4.4kg
パネル部+スタンド 5.4kg 4.9kg
主な機能 ・オーバオードライブ
・Smart Insight
・Smart Resolution(超解像技術)
・リモコン
・オーバオードライブ
・GIGA CLEAR ENGINE II(超解像技術)
・PIP
・POP
・リモコン
主な付属品 ・電源コード
・DVI-Dケーブル 
・音声ケーブル
・リモコン
・電源コード
・DVI-Dケーブル
・D-Subケーブル
・音声ケーブル(ステレオミニ)
・リモコン

さて、6/14になりましたので、予告どおりナナオは新製品を公開しました。

「スマートモニター」と銘打って出してくるので、どんなものかと思えば「FSシリーズ」の後継機でした。個人的にはちょっと拍子抜けです。

このモニターですが、仕様を見れば分かると思いますが、ものすごーく三菱を意識しているのが分かります。
応答速度なんて、0.1ms差ですよw 三菱の「RDT234WX」発表されてから、この応答速度に設定した気がする。
さらに、遅延が0.05フレーム未満です。これも三菱の0.1フレームを超えています。

しかし、いただけないのが、この遅延の説明です。『Smart機能をフルに使った場合も遅延が発生しません。』いやいや、0.05フレーム遅延が発生してるじゃん。遅延が発生しませんではおかしいでしょ。

新機能としては、「Smatr Insight」とか言う奴です。
「暗部視認性向上技術」と言い、暗部の視認性を向上させるそうで、補正量は6段階で調整でき、これはGameモードで個別に調整できるそうです。
この「Smart Insight」は写真にも使用できるそうです。おそらく、Gameモードで個別に調整できる理由は、補正量をその時その時で変えなくても済むためでしょう。

先代のFS2332に比べてかなり高機能なスタンドが使用されています。
高さ調整は60mm、スイーベルが左右172度、チルトが25度です。

FS2332にもあったリモコンがありますが、カード型では無い模様ですが、なんかもの凄くやすっぽ…ゴホゴホッ
無いより有った方が便利ですので、あまり我がままは言ってられないですね。

そして、最低輝度は3cd/m2です。これはFS2332と変わっていないです。

パネルはIPSパネルです。
先代がサムスンのPLSだったので、これもPLSかもしれません。
が、この記事で書きましたが、HP上から仕様が消えているので、製造が終了しているかもしれないです。ナナオが在庫を押さえていれば、話は別でしょうけど。
PLSではない場合、AH-IPSしかありません。

蛇足。ちょっと前にAH-IPS見てきましたけど、アレでした。
確かに開口率が上がっているので、結構はっきり表示されているのですが、表面処理がダメダメでした。
ほんとLGは表面処理がヘタクソです。テレビ用のパネルでもアレなんで、期待するほうが間違いかもしれませんけど…

発売日は2012年7月13日。価格は当然ですが、オープンです。
EIZOダイレクト(ナナオ公式オンラインショップ)では39,800円(税込)です。
ちょっと高い気が…

この手のモニターは三菱が強いので、これを崩そうとするナナオの意地でもあるのか知りませんが、かなり気合の入った製品だと思います。
思いますが、やはりというか、個人的には三菱の方が分があると思います。

本文では触れませんでしたが、デザインはFS2332を受け継いでますよね…
これも不恰好な気が…

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。