内容はディスプレイ関係が中心。たまに別のことを書くかもしれない。
管理人に御用の方はメッセージか、当ブログの別館でコメントして下さい。

内容がない別館をまったり更新中。

メイン記事

ディスプレイ解説記事の最新更新


ディスプレイ小話集の最新更新(2013/12/28)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サムスン電子 - 有機EL(OLED)テレビの量産型を公開

サムスン電子が有機EL(OLED)テレビの量産型を公開しました。

以下、サムスン公式リリースの訳です。


サムスン電子、世界最初55インチ大型OLEDテレビ量産モデル電撃公開

  • 夢のディスプレイで実現した窮極の画質提供
  • 最先端「スマートデュアルビュー」機能でTV 1台で2台同時視聴効果経験
  • ミニマリズムの未来的なプレミアム デザイン

サムスン電子が「2012年サムスンプレミアムTVショーケース」で55インチ大型OLEDテレビ(ES9500)量産モデルを世界で初めて電撃公開して大型プレミアムスマートTV市場攻略戦略を明らかにした。

サムスン電子は今日公開した55インチ大型OLEDテレビES9500により次世代TV市場でも主導権を握っていく計画だ。

特にOLEDテレビの差別化された画質と多様なコンテンツ、プレミアムデザインを前面に出して、顧客のライフスタイルプレミアム化にも先に立つ予定だ。

今回初公開したサムスンOLEDテレビは、1月アメリカ・ラスベガスで開かれた「CES 2012」で「Best of Innovation Award」を受賞して注目されたプレミアム戦略製品だ。

  • 窮極の画質提供:無限大の明暗比、豊富な色表現、速い応答速度

サムスンOLEDテレビは画面を構成するピクセル一つ一つの明るさを調整できるため、無限大に近い明暗比により暗い画面でも細かい映像を表現できる。

これと共に、色を表現するピクセルが自ら発光して色を作るため、既存LED TVに比べ20%以上豊富な色で自然で生き生きした色を表現により、消費者は窮極の画質を経験することができる。

また、ピクセルが自ら発光するため応答速度が速く、画面の動きが多いアクション映画やサッカー、野球のようなスポーツ映像でも残像のない鮮明な画質を提供する。

特に、3D立体映像を実現する時も、画面重ならない映像を提供する。

  • □スマートデュアルビュー:二人が同時にそれぞれ違ったチャンネルを視聴

サムスンOLEDテレビES9500は既存のスマートTVでは見られなかった「スマートデュアルビュー:画面で二つチャネル同時視聴」機能をリリースする。

スマートデュアルビューはTVで二つチャネルを同時にフルHD画面で視聴できる機能で、イヤホン機能付き3Dメガネで各コンテンツのステレオサウンドまで楽しむことができる。

家庭でデュアルビュー機能を使えば、二つのチャンネルが同時に視聴できるため、家族が一ヶ所に集まっても各自の好みに合う放送に没入できることになる。

これはサムスンOLEDパネルの速い応答速度と無線音響伝送システムが結びついて誕生した最先端機能だ。

これと共に、「Smart Interaction」、「Smart Contents」、「Smart Evolution」と今年サムスン電子の未来型スマートTVの先端機能が全て搭載された。

  • ミニマリズムの未来的なプレミアムデザイン

サムスンOLEDテレビ(ES9500)は現存する最高のディスプレイと、6年連続世界TV市場1位であるサムスンの技術力に見合う高品格デザインで誕生した。

ES9500は厚さとベゼルが薄くなっただけではなく、デザイン的ディテールと構造的革新で未来的感覚が引き立って見える。

TV前面は視聴時画面没入感を最大化するために不必要な要素を排除して、ミニアルで美しさを形象化してTVが消えている時でも居間内一つの芸術作品と同じ役割をする。

  • 超大型プレミアムTVで「7年連続不同の世界TV市場1位」達成

また、サムスン電子はこの日大型55インチOLEDテレビ公開に続き60インチから75インチまで超大型スマートTVを紹介して、大型プレミアムTV市場攻略を強化すると明らかにした。

サムスン電子は最近需要が増加している55インチ以上の超大型スマートTV市場を先導して、60インチ以上大型スマートTVラインナップを強化。グローバルリーダーとして超大型プレミアムカテゴリーを主導する計画だ。

サムスン電子は75インチスマートTV「ES9000」に名品ブランドでも良く使われるローズゴールドカラーを使って最上位プレミアム製品に合う重量感、安定した感じを加え、クリスタルシルエットデザインが引き立って見える「ES7100」とシルバーメタルを適用した「ES6900」等、多様なデザインで消費者の選択の幅を広げる計画だ。

サムスン電子映像ディスプレイ事業部キム・ヒョンソク事業部長は『今回公開した55インチOLEDテレビ量産モデルにより、今後開く次世代スーパープレミアムTV市場でも主導権を握る計画。OLEDテレビとともに大型スマートTVを前面に出して最高の画質と品格あるデザイン、日常をより豊かでスマートにさせるコンテンツまで競争会社とは比較できないスーパープレミアムTVで「超格差」戦略を続ける』と明らかにした。

s-oled1.jpg s-oled2.jpg s-oled3.jpg s-oled4.jpg

出す出すといい続けてきたサムスンがようやく有機ELテレビを発売するようです。まだ確定ではないですが、型番まで公開してきたので、間違いはないと思います。
LGが試作品を出してきたので、ようやく本腰を入れたというか、危機感を感じたんでしょうね。SONYは結構前に出しましたが、サイズ的にほとんど眼中にないでしょうし、製造に対する大規模な投資も行っていなかったんで、あまり危機感などはなかったのでしょう。

これが、日本で売られるかは定かではないですが、前に日本市場に再進出するとかしないとかのニュースがありました(当ブログ記事)。
正直言うと、まだ製品としてまだまだのレベルにあると思います。おそらく色の再現性は悪いと思います。RGBのどれがが強く出すぎると、絶対正しい色にはならないです。あと、有機ELの場合が画素単位で輝度ムラが発生するでしょう。

ただ、高コントラスト比は魅力だと思います。液晶は多くても5000:1ぐらいですが、有機ELは普通に万単位です。視野角の問題もないですし。

あと、リリース中の応答速度の話ですが、有機ELはホールド型のため残像は発生します。液晶よりは少ないとは思いますが、黒画面の挿入やフレームレート数の増加などをしないと液晶と変わらない程度になってしまいます。それに、サイズが大きいので、余計目立つことになります。ホールド型についてはこちら(当ブログ)。

これで、有機ELテレビが発売され、忠実な色再現などが可能になり綺麗な発色なると、プラズマの立場が無くなりそうです。(液晶はまだ焼き付きの問題がないので、焼き付きで有機ELやプラズマを敬遠する人たちから買われるでしょう。私もプラズマは焼き付きの問題があるため、液晶を買いましたし。)

あそらく、発売されれば、一定数の評価はもらえると思います。まだまだ、世界市場(日本を除く)はサムスン1位が続きそうです。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
 ブログ内検索
 カテゴリー
[+]を押すと展開

openclose

 amazon
 タグ一覧
 リンク
 RSSリンクの表示
 Special Thanks
サイドバー2下の追尾スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。